フェイスブック大幅高 漏えい問題の調査費30億ドル計上も広告収入が依然好調=米国株個別

投稿:2019/04/25 23:26
 フェイスブックが大幅高となっており、ナスダック指数をサポートしている。1-3月期決算を発表しており売上高が予想を上回った。米連邦取引委員会(FTC)で継続中の個人情報漏えい問題の調査の関連費用として30億ドルを計上したことから、1株利益が1.04ドル押し下げられたが、この特別費用を除けば、1株利益は1.89ドルと予想(1.62ドル)を上回っている。

 個人情報漏えい問題や当局による制裁金への恐れの中でも広告収入が好調に推移しており、売上高は26%の増収となった。特にインスタグラムと、その機能の1つである「ストーリー」への広告掲載が順調に伸びている。

(1-3月・第1四半期)
・1株利益:0.85ドル
・1株利益(個人情報漏えい問題調査費用除く):1.89ドル(予想:1.62ドル)
・売上高:150.8億ドル(予想:149.7億ドル)
・月間アクティブユーザー:23.8億人(予想:23.7億人)
・1日アクティブユーザー:15.6億人(予想:15.6億人)
・広告収入:149.1億ドル
  広告収入におけるモバイル広告収入比率:93%

(NY時間10:21)
フェイスブック 193.88(+11.30 +6.19%)

minkabu PRESS編集部 野沢卓美
配信元: minkabuPRESS
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

79.0 21.0
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介