株価は2万2000円台。どこまで上がるの?【2019/04/22-2019/04/26】

投稿:2019/04/21 09:53

10連休に備えたポジションに

日経平均株価は4月19日金曜日、2万2,200.56円で取引を終えました。
前回「上値抵抗線に沿っての推移が続き、2万2,000円をうかがう展開。目先は12月5日に空けた窓が目標」と解説しました。
株価は上値抵抗線あたりを推移し、目標株価の範囲内で取引を終えました。

米国の株式市場は底堅く推移した週でした。
ドル円相場は小動きの週でした。

気になるのは、日経平均株価の今後の動きです。

株価チャートを分析する限りでは、上値抵抗線を上回って推移し、節目の2万2,000円を突破。目標とした窓を埋めました。足元は上昇トレンドが継続中です。
目標上値は2万2,600円、下値は2万1,700円、それぞれプラスマイナス150円とします。
窓を空けて節目の2万2,000円台を突破しましたが、足元は買われすぎから過熱感も出始め、高値圏で小動きの展開です。指数は底堅いですが、決算発表の結果次第で物色の矛先が日々変わる状況です。
4月27日から10連休で、権利確定日も通過します。その後も上昇トレンドが継続するなら、連休明けにポジションを建てても遅くはありません。10連休をわざわざ持ち越して不安に感じる必要もないでしょう。利益はしっかりと確定したいところです。
日々、決算発表が相次いでいます。10連休には決算内容をいまいちど確認し、連休明けからのポジション構築に備えましょう。
横山利香
認定テクニカルアナリスト(CFTe)
配信元: 達人の予想
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

75.7 24.3
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介