ドル円は112円付近での推移が続く=NY為替後半

投稿:2019/04/19 05:02
 NY時間の終盤に入ってドル円は112円付近での推移が続いている。きょうのNY為替市場はドル買いが優勢となる中で、ドル円もNY時間に入って買い戻されている。朝方発表になった米小売売上高が予想を上回る強い内容だったことや、ドイツの指標が弱かったことでユーロが売りに押されたことがドルをサポートした模様。

 3月の米小売売上高は自動車やガソリンの売上高が増え、2017年9月以来の大幅な伸びとなった。自動車やガソリンを除いたコア売上高も予想を上回る伸びを示した。底堅い米個人消費を示す心強い内容となったようだ。

 ドル円は北朝鮮の金正恩委員長が「新型戦術誘導兵器」の発射試験に立ち会ったと報じられたことから、東京時間にはリスク回避から111.75円近辺まで下落していた。しかし、下押すこともなく111円後半の水準を維持する中、朝方の米小売売上高を受け、112円ちょうど付近まで戻す場面が見られている。

 ただ、明日からのイースター休暇を前に市場も様子見気分が広る中、112円台を試すまでの勢いはない。ここ数日と変わらずの112円ちょうど付近での振幅に変化はないようだ。次のアクション待ちといったところ。

 きょうはユーロの売りが目立ち、ユーロドルは1.1225ドル近辺まで下げ幅を拡大した。ロンドン時間に発表になったドイツの製造業PMIが弱い内容だったことが失望感を広げた模様。PMIは前回よりは若干上昇したものの、先日発表になっていたZEW景況感指数が予想を上回っていただけに、今回のPMIは期待感が高まっていた分、失望感も大きかった模様。

 明日からのイースター休暇を控える中、短期のロング勢の見切売りが加速している模様で、ユーロドルは21日線を割り込んでいる。目先は今月安値の1.1185ドル付近が下値サポートとして意識される。

 ポンドドルは売りが強まり、心理的節目の1.30ドルを割り込んた。200日線が1.2965ドル付近に来ているが、再びその水準を試しそうな気配も出ている。ロンドン勢は明日からイースター休暇入りとなり、ポンドも動意薄の展開が予想される。昨年の2月以降、200日線割れを何度か試す動きが見られたが、いずれもサポートされており、今回はどうか注目される。

minkabu PRESS編集部 野沢卓美
配信元: minkabuPRESS
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

69.0 31.0
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介