オーケストラ Research Memo(4):需要を確実に取り込み、2019年12月期は2割以上の増収増益へ

投稿:2019/04/11 15:14
■Orchestra Holdings<6533>の今後の見通し

2019年12月期は、M&Aの活用や事業間のシナジーを生かして各事業の成長を更に加速するとともに、クラウドインテグレーション領域を強化する。これにより持続的な利益成長を実現させ、企業価値の成長を図る。

事業別に見ると、デジタルマーケティング事業は、各主要サービスの受注見込及び実績、既存大口取引先の動向、持続的な成長が見込まれるインターネット広告市況等を踏まえ、引き続き売上高が順調に伸長するものと見込んでいる。

ソリューション事業は、持続的な拡大が見込まれるIT市場と、深刻化するIT人材不足により、引き続き受注環境が良好に推移すると見込んでいる。先端技術を生かしたサービス提供で、IT市場の需要を確実に取り込むことで収益拡大を図る。加えて、積極的な採用とM&Aにより開発体制を拡充しIT人材需要を取り込み、クラウドインテグレーション、RPA等の急成長市場での影響力拡大を図る。

ライフテクノロジー事業は、既に黒字化し収益創出フェーズに入った主力アプリ「ウラーラ」で新規ユーザー獲得のためのプロモーション施策を実施し収益拡大を図り、そこで生み出されたキャッシュを活用して新規サービスの開発・育成に注力する。

これらの取り組みをすることで2019年12月期は、売上高が9,500百万円(前期比30.9%増)、営業利益が570百万円(同20.2%増)、経常利益が565百万円(同24.0%増)、親会社株主に帰属する当期純利益が392百万円(同20.0%増)を見込んでいる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 内山崇行)


<HN>
配信元: フィスコ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
1,230.0
(05/24)
+20.0
(+1.65%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

82.5 17.5
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介