明日の株式相場見通し=海外マイナス材料で売り優勢、投資意欲の後退際立つ

投稿:2019/04/10 17:01
明日の株式相場見通し=海外マイナス材料で売り優勢、投資意欲の後退際立つ  あす(11日)の東京株式市場は、海外からのマイナス材料を懸念したきょうの軟調相場を引き継いで売り優勢の展開となりそうだ。東証1部の売買代金はきょうで4日連続の2兆円台割れとなり、投資意欲の後退が際立っている。

 市場関係者からは「トランプ米大統領が9日、欧州航空機大手エアバスに対する欧州連合(EU)からの不当な補助金で損害を被ったとして、EUからの輸入品110億ドル相当に関税を課すと表明したことによる欧米間での貿易摩擦懸念や、国際通貨基金(IMF)が世界経済の成長率予想の下方修正を発表するなど、海外からのマイナス材料が重なって、きょうの東京株式市場は反落した。日経平均の下落幅は115円にとどまったものの、東証1部の業種別指数は33業種全てがマイナスとなる全面安となり、地合いの弱さを示している」との見方が出ていた。

 10日の東京株式市場は、前日の米株安や円高進行などを受け終始売り優勢の展開となった。世界景気減速に対する警戒感が再燃するなかリスク回避ムードが強まったが、後場は日経平均が下げ幅を縮小し、この日の高値で引けた。日経平均株価終値は、前日比115円02銭安の2万1687円57銭と反落した。

 日程面では、3月のマネーストック、3月の都心オフィス空室率に注目。海外では、G20財務相・中央銀行総裁会議(11~12日)、中国3月の消費者物価・生産者物価、米3月の生産者物価が焦点となる。(冨田康夫)

出所:minkabuPRESS
配信元: minkabuPRESS

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
100000018
22,258.73
(15:15)
-48.85
(-0.22%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

87.0 13.0
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介