マザーズ指数は3日ぶり反発、材料株を中心に個人投資家の物色が見られる

投稿:2019/03/18 16:34
 本日のマザーズ指数は3日ぶりの反発となった。米株高の流れから新興市場にも買いが先行。日経平均は買い一巡後にやや弱含む場面もあったなか、材料株を中心に個人投資家の物色が活発化し、マザーズ指数は寄り付き後も上げ幅を広げて終日堅調な展開となった。
なお、マザーズ指数は3日ぶりの反発、売買代金は概算で1050.97億円。騰落数は、値上がり189銘柄、値下がり79銘柄、変わらず7銘柄となった。
 個別では、アンジェス<4563>がマザーズ売買代金トップにランクイン。開発品RBM-007
(適応症は滲出型加齢黄斑変性症)の米国での第1/2a相臨床試験について、第2コホート
(中用量群)の安全性が確認され、第3コホート(第2コホートより投与量増加)の最初の患者への投与が行われたと発表したリボミック<4591>がストップ高。20年1月期の営業利益予想を前期比15.1%増の24.67億円と発表したエニグモ<3665>も同じくストップ高となった。また、カオナビ<4435>、サーバーワークス<4434>、メルカリ<4385>など直近IPO銘柄の一角にも買いが向かった。一方、オンコリス<4588>、サンバイオ<4592>、PSS<7707>、弁護士ドットコム<6027>などが売りに押された。
<FA>
配信元: フィスコ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
2,980.0
(04/19)
+99.0
(+3.44%)
3,195.0
(04/19)
-50.0
(-1.54%)
16,700.0
(04/19)
-110.0
(-0.65%)
5,150.0
(04/19)
+700.0
(+15.73%)
862.0
(04/19)
+46.0
(+5.64%)
2,861.0
(04/19)
-43.0
(-1.48%)
717.0
(04/19)
+43.0
(+6.38%)
4,390.0
(04/19)
-320.0
(-6.79%)
4,195.0
(04/19)
+280.0
(+7.15%)
421.0
(04/19)
+8.0
(+1.94%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

87.2 12.8
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介