仮想通貨取引所バイナンス公式ウォレット、クレカ対応とXRP追加を発表【フィスコ・アルトコインニュース】

投稿:2019/03/13 12:26
出来高1位を誇る大手仮想通貨取引所バイナンスの公式ウォレット「Trust Wallet」がクレジットカードの仮想通貨購入と仮想通貨XRPの追加対応することが発表された。ビットコインなど主要5銘柄をクレジットカードで購入することが可能になるほか、17銘柄が保管可能となった。

大手仮想通貨取引所バイナンスは本日未明、公式ウォレットの「Trust Wallet」にて仮想通貨XRPとクレジットカードの対応も可能となったことを発表した。

これにより以下の主要仮想通貨銘柄をクレジットカードで購入が可能となる。(順番はバイナンスの発表を参照)

• XRP
• BTC
• BCH
• LTC
• ETH

Trust Walletは2018年7月に仮想通貨取引所バイナンスにより買収されており、今年の第一四半期(米換算の第2四半期)にローンチが予定されているバイナンスのDEX(分散型取引所)においても公式ウォレットとなるとバイナンス側は述べている。

Trust Walletの創設者であるViktor Radchenko氏は以下のように言及している。

「全てのユーザーのために仮想通貨やdAppsへのアクセスを増やしたいと思っている」「クレジットカードでの購入を可能にすることは仮想通貨の採択や『お金の自由』をもたらすビジョンの実現に向け必要不可欠だ。」「今後もさらに多くの仮想通貨(ブロックチェーン)の提供と信頼性を向上させる機能を増やしていきたい。」

今回の発表により、Trust Walletは以下の16の仮想通貨銘柄に加え、XRPを取り扱うこととなった。

Trust Walletは1月、「Trust Wallet Core」と呼ばれるオープンソースのクロスプラットフォーム・ウォレット・ライブラリをローンチしたことで、元々イーサリアムやERC-20トークンがベースとなるウォレットであったが、人気のある通貨などを中心に仮想通貨銘柄を追加、XRPなど独自のブロックチェーンを利用する通貨への対応が可能になった。

仮想通貨取引所バイナンス自体も1月末にクレジットカードでビットコインやイーサリアム、XRPなど主要4銘柄の購入を可能にしており、同社の仮想通貨をよりアクセスしやすいものとするビジョンを現実のものとするべく、次々に施策をうっている状況にある。

法定通貨からのアクセスを実現する施策とする、法定通貨建て仮想通貨取引所の設立も、すでに3取引所目のプロドュースに移るなど、仮想通貨業界を牽引する代表的な企業になっている。

(記事提供:コインポスト)

<SI>
配信元: フィスコ
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

88.5 11.5
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介