キクカワが急騰、中堅上場企業の純利益増加額1位と報じられる◇

投稿:2019/03/12 13:06
 キクカワエンタープライズ<6346.T>が急騰し一時、前日比1240円(17.4%)高の8360円に買われている。きょう付けの日本経済新聞朝刊で、同紙が日本経済の牽引役と期待される中堅上場企業「NEXT1000」を対象に、2018年4~12月期の純利益増加額をランキングした結果を発表。なかで、同社が首位になったことが好材料視されている。

 同社の19年3月期第3四半期累計(18年4~12月)純利益は12億600万円(前年同期比6.4倍)で、前年同期からの増加額は10億1900万円に上る。記事によると、「人手をかけずに指定した形状に木材を加工する木工機械が、木材メーカー向けに伸びている」とあり、更にロシアやインドネシアなどへの海外販売も積極的だという。決算発表は2月8日だったが、記事を受けて改めて好決算が評価される格好となっており、同ランキングで3位となったテクノスジャパン<3666.T>や、6位の和井田製作所<6158.T>、9位のアイレックス<6944.T>なども大幅高している。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:minkabuPRESS
配信元: minkabuPRESS

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
581.0
(07/16)
-1.0
(-0.17%)
1,282.0
(07/16)
-20.0
(-1.54%)
4,060.0
(07/16)
-190.0
(-4.47%)
2,579.0
(07/16)
-47.0
(-1.79%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

64.8 35.2
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介