中銀副総裁発言でNZドル売り、ドル円はもみ合い続く=東京為替概況

投稿:2019/02/22 14:50

 ドル円は110円台後半での推移が続いた。米中通商協議への期待感が下値を支える格好に。トランプ大統領が22日午後(日本時間23日午前4時半)に劉鶴副首相との会談を予定するなど、協議は順調に進んでいる印象が強い。
 合意項目の監視の問題などすり合わせの必要な項目も多く、最終合意自体は難しいとの見通しが強いが、3月1日の期限延長などが示される可能性があり、ドル円、クロス円の買い材料に。
 もっとも111円手前の売りを崩すだけの勢いはなく、朝から18銭レンジ。

 ユーロドルが10ポイントレンジにとどまるなど、主要通貨は全体に小動き。

 動きが目立ったのがNZドル。バスガンドNZ中銀副総裁が、銀行の自己資本増大が金融環境のタイトニングにつながり、利下げに向かうとの見通しを示したことが売り材料となった。NZドルは対ドルで0.68台から0.6750台まで一気に値を落とし、その後も0.6770近辺と発言前から比べてNZドル安圏での推移が続いた。

minkabuPRESS編集部山岡和雅
配信元: minkabuPRESS
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

90.8 9.2
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介