半導体の一角が堅調 エヌビディアの決算を好感=米国株個別

投稿:2019/02/16 00:28

 半導体の一角が堅調に推移している。エヌビディアが11-1月期決算を発表しており、売上高は予想を下回ったものの、1株利益は予想を上回った。市場は特に通期見通しを好感している模様。売上高を横ばいから若干減収を見込んでおり、市場では7%減が見込まれていた。今回の決算から市場は、不振を近く脱する可能性が示唆されたとのポジティブな受け止めが多い模様。

 市場では半導体業界について、在庫調整を終了し今年下期には、需要が再び拡大するとの楽観的な見通しも出ていたが、今回の決算はその期待を追認する内容ではある。

(NY時間10:28)
エヌビディア 158.70(+4.17 +2.70%)
AMD 23.61(+0.48 +2.08%)
インテル 51.45(+0.64 +1.26%)

minkabu PRESS編集部 野沢卓美
配信元: Klug FX(クルークFX)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

85.7 14.3
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介