ドル円は下値模索が続く このあとシカゴPMI=NY為替

配信元:みんかぶFX
著者:MINKABU PRESS
投稿:2019/01/31 23:29

 前日のFOMC後の流れを引き継いで、きょうの為替市場もドル売りが優勢となっており、ドル円は108.50円付近まで下げ幅を広げている。この後、日本時間23時45分に1月分のシカゴ購買部協会景気指数(PMI)が発表される。予想は61.5と前回よりも低い水準が見込まれている。

 米中貿易問題や政府機関閉鎖の影響で、製造業のセンチメントも低下が伝えられているが、前回までの2ヵ月間は予想外に底堅い数値が発表されていた。市場予想も11月、12月に比べれば、若干上昇しているが、今回も予想を上回る内容となるか注目される。

 もっとも、為替市場の反応は限定的かもしれない。

シカゴ購買部協会景気指数(1月)23:45
予想 61.5 前回 63.8

USD/JPY 108.54

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

このニュースはみんかぶFXから転載しています。

配信元: みんかぶFX
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

63.7 36.3
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介