特段の材料もない中でドル買い戻し強まる ドル円は108.60円近辺まで一時上昇=NY為替前半

投稿:2019/01/12 02:35

 きょうのNY為替市場はドル買い戻しが強まっている。朝方発表になった米消費者物価指数(CPI)は予想通りの内容でサプライズはない。特段のドル買い材料も見当たらない中、まとまったドル買いオーダーが入った模様。一部からは株安、原油安と、きょうは直近と逆の動きが見られる中、モデル系のファンドからまとまったドル買いオーダーが入り、それがストップを誘発したとの指摘も聞かれる。

 ドル円はNY時間に入って動きが活発化した。一旦売りが強まり108.15円近辺まで下落したあと、今度は急速に買い戻しが強まり、ストップを巻き込んで108.60円近辺まで一気に上昇。

 ただ、基本的な流れに変化はない。FRBの利上げに対する慎重姿勢が重石になっており上値を抑えている。一方で米中貿易問題に対する楽観的な見方が下値をサポート。ムニューシン米財務長官は、中国の劉鶴副首相が1月中に通商協議で訪米する可能性が高いとの見方示していた。

 108.60円近辺から上には輸出企業の売りオーダーが観測。半面、108円ちょうど付近には買いオーダーが観測されている。しかし、108円をブレイクした場合には107.50/60円水準までの下落も留意されるとの見方も聞かれる。

 ユーロドルは1.14ドル台に下落。NY時間に入って急速に売りを強め1.15ドルを割り込んだ。ストップを巻き込んで1.1460ドル付近まで一時下落し、1.1475ドル付近に来ている100日線を割り込む動きも見られた。
 
 1.15ドルを固められれば、10月高値と200日線が来ている1.16ドル台前半が視野に入るとの期待もあったが、きょうのところは、お預けといった雰囲気だ。

 ただ、直近のユーロの上げに懐疑的な指摘も出ている。今週発表のドイツ鉱工業生産は予想外の減少となり、第4四半期のドイツGDPはマイナス成長の可能性も指摘されている。ドイツは第3四半期もマイナス成長だったことから、テクニカル的には景気後退ということになる。そのほかにもイタリアの政局混迷やフランス財政への懸念も浮上しており、ユーロの上げは正当化されないという。

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

配信元: Klug FX(クルークFX)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

86.9 13.1
ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック