「外国人労働者」の注目度上昇、改正入管法の可決で受け入れ拡大へ<注目テーマ>

投稿:2018/12/10 12:20
「外国人労働者」の注目度上昇、改正入管法の可決で受け入れ拡大へ<注目テーマ> ★人気テーマ・ベスト10
1 5G
2 国土強靱化
3 次世代ネットワーク
4 人工知能
5 大阪万博
6 サイバーセキュリティ
7 キャッシュレス決済
8 水道関連
9 人材派遣
10 全固体電池

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「外国人労働者」がランキング28位となっている。

 外国人労働者の拡大に向けた改正出入国管理法(入管法)が8日、成立した。来年4月1日から施行される。同改正法は、一定の能力が認められる外国人労働者に対し、新たな在留資格を付与。これまで認めていなかった単純労働分野にも門戸を開くことになる。入管法の改正に伴い、製造業派遣や技術者派遣などの人材サービス関連企業には新たなビジネスチャンスが生まれるとの観測が浮上している。
 
 UTグループ<2146.T>やアウトソーシング<2427.T>は技能実習生制度に関するサービスを提供。アルプス技研<4641.T>は、「農業支援外国人受入事業」の国内第1号となる特定機関の認定を受けている。ヒューマンホールディングス<2415.T>は、日本語能力を備えた海外ITエンジニアを常用雇用する人材派遣サービスを展開。外国人労働者の増加に伴う社宅や寮に対するニーズの高まりは、企業の福利厚生アウトソーシングを展開するリログループ<8876.T>への追い風になるとの期待がある。また、パーソルホールディングス<2181.T>やパソナグループ<2168.T>、夢真ホールディングス<2362.T>、ヒト・コミュニケーションズ<3654.T>なども関連銘柄として注目されている。

出所:minkabuPRESS
配信元: minkabuPRESS

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
2,506.0
(14:34)
-51.0
(-1.99%)
1,466.0
(14:31)
+3.0
(+0.21%)
1,920.0
(14:34)
-24.0
(-1.23%)
769.0
(14:34)
-3.0
(-0.39%)
1,941.0
(13:23)
-48.0
(-2.41%)
1,363.0
(14:34)
+15.0
(+1.11%)
1,616.0
(14:16)
-10.0
(-0.62%)
1,957.0
(14:33)
-25.0
(-1.26%)
3,000.0
(14:31)
+27.0
(+0.91%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

73.6 26.4
ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック