ソフトバンクグループは売買代金トップで3日続落、子会社上場期待も足もとは逆風環境◇

投稿:2018/12/10 10:03
ソフトバンクグループは売買代金トップで3日続落、子会社上場期待も足もとは逆風環境◇  ソフトバンクグループ<9984.T>が3日続落。全体リスクオフ相場のなか下値模索の動きを強めている。売買代金は東証1部上場銘柄のなかでトップとなっている。きょう同社の通信子会社ソフトバンク<9434.T>の公開価格が決定される。仮条件は1株1500円でその近辺で決まる可能性が高い。前週に通信障害の発生や中国の通信機器大手ファーウェイのCFO逮捕など逆風材料が相次いだが、高配当利回りは魅力でその知名度の高さと合わせて、セカンダリーでの上値余地が期待されている。ただ、相対的にソフトバンクグループの企業価値が下がるとの見方もあり、足もとは軟調な株価展開を強いられている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:minkabuPRESS
配信元: minkabuPRESS

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
1,435.0
(01/21)
+6.0
(+0.42%)
7,868.0
(01/21)
+34.0
(+0.43%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

77.4 22.6
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック