株安一服でドル円は112.50円水準を回復=NY為替チェック

 NY時間の昼に入ってドル円は買い戻しの動きが見られており、112.50円水準を回復している。米株が下げ渋っており、IT・ハイテク株もプラスに転じる銘柄も出てくるなか、ドル円も売りが一服している模様。

 きょうはダウ平均が一時700ドル超下落するなど、休日前からの売りが続いており、それを受けて米国債利回りも大幅に下げたことからドル円も見切売りが強まった。

 強いサポートとして意識された112.50円水準を一旦ブレイクしたことで見切売りも強まり、一時112.25円の100日線付近まで下げ幅を広げる動きも見られていた。

 この日発表の経済指標はまちまちだったが、足元の指標は景気後退の兆候を示していない。しかし、株安が止まらず、FRBの幹部からも利上げに慎重な発言が相次ぐなか、市場は先行きへの不安感を強めている模様。

USD/JPY 112.57

minkabu PRESS編集部 野沢卓美
配信元: Klug FX(クルークFX)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

75.5 24.5
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック