デルタ航空が決算好感し反発=米国株個別

 デルタ航空が反発。取引開始前に7-9月期決算を発表しており、売上高は予想を下回ったものの、1株利益は予想を上回った。通期の売上高見通しも上方修正した。旅客需要が拡大しており、燃料コスト高への取り組みを強化する中、運賃決定力が高まっているとしている。

(7-9月・第3四半期)
・1株利益(調整後):1.80ドル(予想:1.74ドル)
・売上高:118.5億ドル(予想:119.6億ドル)
・CASM(有効座席マイル当り営業コスト):前年比変わらず

(10-12月・第4四半期見通し)
・1株利益(調整後):1.10~1.30ドル(予想:1.25ドル)
・売上高:8%増(予想:5%増)
・乗客収容能力:4%増
・CASM:0~1%減

(通期見通し)
・1株利益(調整後):0.85~0.95ドル(予想:0.91ドル)
・売上高:8%増(従来:7~8%増)

(NY時間10:18)
デルタ航空 52.23(+2.52 +5.07%)

minkabu PRESS編集部 野沢卓美
配信元: Klug FX(クルークFX)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

68.6 31.4
ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック