東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は4日ぶり反発、アンファク、フィンテックがS高

投稿:2018/09/10 15:03
 10日大引けの東証マザーズ指数は前週末比6.55ポイント高の1015.17ポイントと4日ぶり反発。値上がり銘柄数は153、値下がり銘柄数は96となった。

 個別ではand factory<7035>、フィンテック グローバル<8789>がストップ高。メディアシーク<4824>は一時ストップ高と値を飛ばした。アドウェイズ<2489>、エンカレッジ・テクノロジ<3682>、CRI・ミドルウェア<3698>、データセクション<3905>、ウェルビー<6556>など7銘柄は年初来高値を更新。日本スキー場開発<6040>、Mマート<4380>、チームスピリット<4397>、イトクロ<6049>、オウチーノ<6084>は値上がり率上位に買われた。

 一方、夢展望<3185>、ソーシャルワイヤー<3929>、メルカリ<4385>、プロパティデータバンク<4389>、ソレイジア・ファーマ<4597>など7銘柄が年初来安値を更新。アイリッジ<3917>、GA technologies<3491>、グローバルウェイ<3936>、アンジェス<4563>、RPAホールディングス<6572>は値下がり率上位に売られた。

株探ニュース
配信元: 株探

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
401.0
(15:00)
-6.0
(-1.47%)
3185
477.0
(15:00)
+12.0
(+2.58%)
3,050.0
(15:00)
+74.0
(+2.49%)
1,106.0
(15:00)
+5.0
(+0.45%)
3,495.0
(15:00)
-170.0
(-4.64%)
700.0
(15:00)
+16.0
(+2.34%)
900.0
(15:00)
+100.0
(+12.50%)
1,094.0
(15:00)
-22.0
(-1.97%)
2,200.0
(14:56)
+31.0
(+1.43%)
1,205.0
(15:00)
-1.0
(-0.08%)
3,145.0
(15:00)
+217.0
(+7.41%)
2,092.0
(15:00)
+19.0
(+0.92%)
4,395.0
(15:00)
-330.0
(-6.98%)
885.0
(15:00)
+150.0
(+20.41%)
226.0
(15:00)
+16.0
(+7.62%)
706.0
(15:00)
+3.0
(+0.43%)
911.0
(14:47)
+8.0
(+0.89%)
3,310.0
(15:00)
-20.0
(-0.60%)
3,390.0
(09/25)
+175.0
(+5.44%)
1,631.0
(15:00)
-30.0
(-1.81%)
3,245.0
(15:00)
+5.0
(+0.15%)
5,200.0
(15:00)
+250.0
(+5.05%)
175.0
(15:00)
---
(---)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

74.5 25.5
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック