米国株見通し:米中貿易戦争懸念や原油軟調が売り圧力に

2018/07/02 18:21
S&P500先物       2708.25(-13.25) (17:45現在)
ナスダック100先物  7021.25(-45.50) (17:45現在)

 17時45分時点のグローベックス米株式先物市場で、S&P500先物とナスダック100先物は軟調推移。NYダウ先物は140ドル安程度で推移している。欧州株式市場は全面安。時間外取引のNY原油先物は0.25ドルほど下落。こうした流れを受け、2日の米株式市場は売り先行で始まろう。

 米国が中国に対する追加関税の適用を開始する6日を控え、上海総合指数、日経平均株価、韓国総合株価指数が大きく下落して終了。欧州株も全面安であり、世界的に株安が広がる状況になっている。NY原油先物については、トランプ米大統領のサウジ増産に関するツイート、ドイツのメルケル連立政権への懸念からユーロ売りが続き、割高感が意識されることで、売り圧力は強いとみられる。

 本日発表となる米経済指標は、6月製造業PMI改定値、6月ISM製造業景況指数、5月建設支出。ISM製造業景況指数は前月からやや低下の予想で、前回の反発から伸び悩むとみられており、ネガティブな材料となる可能性がある。

<KK>
配信元: フィスコ
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

68.1 31.9
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック