英Crypto Facility、LTC先物取引に参入へ【フィスコ・アルトコインニュース】

2018/06/22 05:26
 英国を拠点とする仮想通貨先物の取引所、Crypto Facilityはライトコイン(LTC)の派生商品取引に参入するという。

投資家は22日から、ライトコイン先物の買い持ち、または、売り持ちが可能になる。最高経営責任者(CEO)のTimo Schlaefer氏は、顧客の要請に応えたと措置だとした。仮想通貨市場の透明性、流動性、効率につながると主張。

ライトコインの創設者である、チャーリー・リー氏も声明を発表し、「ライトコインの取引を機関投資家にまで広げ、流動性を助け、売り買いが容易になる」と、歓迎する意を示した。

同社はすでに、イーサリアム先物の取引に参入しているが、今四半期の出来高が1.5億ドルに達する見通しだとした。イーサリアム先物取引はプラットフォームの出来高のほぼ10%を占めるという。

<KY>
配信元: フィスコ
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

69.9 30.1
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック