投資歴20年のmasaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ70件目 / 全5253件次へ »
ブログ

日経平均は年初来高値更新でも懐疑的

情報誌に掲載されました
詳しい内容はHP上段に書いています。
http://homepage777.life.coocan.jp/

勉強できる私の買い付け
http://33masa.blog81.fc2.com/

ツイッタ―
https://twitter.com/mm333m

株日記は「米国株について」を朝の8時頃
「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

12月2日 月曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、235円高の23529円で取引終了。
前週末の米国株安が売り材料になるも、取引開始から30分で23550円まで上昇しました。その後は動かないまま前引け。後場に入っても動かず高値揉み合いのまま235円高の23529円で取引終了。

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は1兆6942億円、出来高は9億4696万株。
値上がり銘柄数は1515、値下がり銘柄数は542、変わらずは100銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
31業種が上昇、2業種が下落
上昇率の高い順
海運、ガラス・土石、卸売、繊維、水産・農林

下落率の高い順
鉱業、石油・石炭

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は197、値下がり銘柄数は23、変わらずは5銘柄でした。
上昇率の高い順
ジーエス・ユアサ コーポレーション 4.02%高、太陽誘電 3.80%高、日立造船 3.57%高、川崎汽船 3.41%高、日野自動車 2.89%高

下落率の高い順
フジクラ 2.55%安、スズキ 2.08%安、東急不動産HD 0.93%安、スカパーJSAT ホールディングス 0.85%安、東京建物 0.78%安

〇米国株の下落が売り材料
ダウ平均は0.40%安(112ドル安)、ナスダックは0.46%安、S&P500指数は0.40%安。3指数揃って反落。半日取引とはいえ、この下落は売り材料。

米国株の項で書いています通り、慎重さによる利益確定が一時的なのか売られ続けるのか、週明けからの相場で確認していく状況。この為、米国株高は続くと判断した「先回りの日本株買い(米国株が上昇すれば日本株の上昇要因なので)」をする投資家は少ないと考えていましたが・・・結果は235円高。

取引前の(私の)予想は、下値が23150円で、上値は23350円。
上昇しても50円程度で、下げる確率が高いと考えていました。
この予想は完全にはずれ、上値予想を200円近く上回っています。

〇ブラックフライデーを先取りしたか
米感謝祭の翌日「ブラックフライデー」のオンライン売上高は、過去最高の74億ドル(約8100億円)を記録。
しっかりとした個人消費は米国株へのプラス材料になりますから、これを先取りしたところがあったかもしれません。

〇ドル円相場による影響は限定的
前場は、1ドル109円50銭から70銭まで少し円安になりましたが、後場は109円60銭。
この程度では相場への影響も限定的だったと考えています。

〇ダブルトップへの懸念が後退
前週末までのチャート

続きは「素人投資家の株日記」で ↓

http://3masa.blog76.fc2.com/
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。