まはいさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ810件目 / 全1174件次へ »
ブログ

ニトリ 札幌味噌ラーメンにとりのけやき

今週は持株が327,896円値騰がりしています。

6/30に続き7/2もニトリが上場来高値を更新しました。
説明不能な値騰がりが1年半も続いています。
説明不能なので、札幌のニトリのご当地ネタをまとめておきます。

ニトリ 10年チャート ↓ クリックで拡大

ニトリの株価はほとんど市場に連動しません。
2009年のリーマン・ショックも2011年の震災もボックス相場の範囲です。
2003年から2005年まで右肩上がりに株価が上昇し続けましたが、後にタワー投信が買い上がったと判明しました。
どうも昨年から、どこかの成長株ファンドが買い上げているようですが、まだ判然としません。

にとりのけやき←HPリンク
いつも行列ができる札幌味噌ラーメン店です。
似鳥社長の親戚が経営しており、似鳥社長からこの店に招待されることは取引先として最高のステータスです。
似鳥社長の手前、お世辞でも美味いというべき状況ですが、文句なしに美味しいので助かります。

偽けやき
にとりのけやきHPの中段に記載されています。
多くのお問合せがありますが、
欅(けやき) 美園店は当社と一切の関係はございません。

数年前までにとりのけやきは「欅」の屋号で営業していましたが、「欅-美園店」と名乗るラーメン店に悩まされて「にとりのけやき」に屋号を代えました。
「欅-美園店」は、看板や内装、メニューから割り箸まで本家「欅」そっくりで、一時は行列が出来る人気振りでした。はっきり言って、明らかに他人の褌で商売していました。
本家「欅」が訴えれば完勝する状況でしたが、本家のほうが屋号を変えることで決着しました。
ニトリが家具屋で成功して知名度が高くなったので、似鳥社長が親戚のラーメン屋に商標権を無償提供した訳です。
この裏には、にとりのけやきが「欅」の屋号で開業してしばらくして、修業先の兄弟子が独立開業する際に「欅」の屋号で開業する支援をしたことがあるそうです。
「恩を仇で返す」とは当にこのことですが、「欅」の屋号にこだわって兄弟子と闘うより、親戚の仲裁でニトリの商標権をもらった方が明らかに得です。

にとりのけやき新千歳店
空港の「北海道ラーメン道場」に出店していますが、経営者も頭を悩ますほど不味いそうです。
これは、空港ビルの火力制限と、飛行機搭乗者の口臭配慮のため、どうしても本来の味が出せないためだそうです。
これは空港の「北海道ラーメン道場」に出店している他の店にも共通した問題で、地元の人は絶対に空港の「北海道ラーメン道場」に行かないし人に薦めません。
それでも空港に出店せざるを得ないのが地場企業の宿命ですが、わざわざ本店へ足を運んだ人にその分だけ満足していただけるなら良いでしょう。
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。