収益性
0
活発度
0
人気度
51
収益量
0
投稿量
79
注目度
54

jojuさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ589件目 / 全1494件次へ »
ブログ

★最近の年金運用議論っておかしくないか?

 GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の年金運用で、最近、様々な議論が成されている。

 その中では、株式投資比率を高めるべきとか、もっとアクティブ運用すべきとか、海外投資比率を高めるべき、、、等々の話が出ている。

 しかし、年金は国民生活の基盤になるものなので、安全な範囲で運用利率を高めることを指向すべき。 また、長期運用資金であることにも留意しなければいけない

 長期運用という視点で見た場合、今のように国債偏重、債券偏重なのは明らかにおかしい。
 債券と株式は真逆の値動きをするものなので、長期安定運用を指向するならば債券・株式の比率は半々にすべき。 長期平均で見れば、株式投資収益率>債券投資収益率なので株式比率を過度に下げるのは運用利回り抑制的すぎるのです。

 また、株式はリスクが高いので、日本株全体の平均収益率から外れないようにパッシブ運用(日経平均に連動するような機械的、単純な運用)にすべきなのです。
 そうすれば、日本株投資部分の平均収益率は、日本経済の成長率、国民の努力に連動するので、それに即した年金利回りが低くても国民は納得するはず。

 逆にアクティブ運用でそれより高い利回りを狙って大やけどをしたならば、国民は怒るだろう。
 アクティブ運用の場合、機械的運用でないので、不正も生じやすいし、管理人員も多数必要になり運用コストも上がりやすい。 国民全体の年金運用には向いてない。 特に公的機関、役人がやる運用には向いてないのです(失敗しても責任取らないし、、)。

 GPIFの年金は、カルパース(カリフォルニア州職員退職年金基金)のような特定職業組合の年金でなく、日本国民全体の年金。 カルパースのようなアクティブ運用には元々そぐわない


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 さらに付け加えるならば、GPIF資金は日本国民全体から集めた巨額な拠出金ゆえ、それは日本経済成長のベース資金でなければいけない
 そうでなくば、海外運用で年金利回りが少々良くなっても、日本経済低迷、国民所得低迷となり本末転倒になるし、全体では国民益喪失になる。 だから、GPIFの運用は国内投資を大部分にすべきなのです(全て国内投資でも良いくらいです、、前出日記のように財務官僚・日銀官僚が金融緩和抑制指向、経済成長抑制指向、増税推進指向でなければ)。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 GPIFの日本株購入は巨額運用ゆえ、国債・債券投資同様、好不況を均すように少しずつ行われるべき
 つまり、債券・株式とも割高でも割安でもない中立価格で購入すべきで(ドルコスト平均)、それでこそマクロ分析の巧拙による運用利回り変動なく、安定的に平均成長率をトレースした運用利回りがあげられる

 株価対策、株価吊り上げのためにGPIFを活用するなどもってのほか

、、、、でも、やりそうだな(--; 

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

2件のコメントがあります
  • イメージ
    りす栗さん (2.05point)
    2014/05/25(21:44)
    jojuさん、こんばんは。

    実際やるとしても、実弾を動かすまではかなり時間がかかるはずです。

    そして、GPIFの株比率増やす話は株の一面しか見ていません。
    アベノミクスで景気回復したい。回復すれば株は上がるはず。であればここで年金の運用成果を上げておきたい。
    ということなら、年金制度当初の成長を続ける経済が前提の発想と同じです。
    一時的によくてもどーせ役人の無駄遣いが増えるだけで、投資の実態はどうなるかわからない。
    まー、過去と違って「責任を明確にする」というのを前提にすれば、だれもできないのでわ?

  • イメージ
    jojuさん (対象外)
    2014/05/25(23:34)
    どうもです。

     パッシブ運用ならば責任問題はほぼ無しでしょうね。
     10年くらいかけて株比率上げをしてほしいですね。
     これは長期にわたるので、株価つり上げ効果はほとんどないです。

     株式比率上げは運用を真面目に考えるならば当然なすべきことですよね。。

     目先の運用成績を上げる目的で急速に買えば、自らの動きで高値掴みになるだけかもです。 まあ、運用成績は大して上がらないでしょう、たぶん。



コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。