証券会社ランキング

みんかぶくん
総合1位
発表!!

jojuさんのブログ

最新一覧へ

一昨日の日経平均下げは成長戦略失望売りでない

 一昨日の日経平均下げは、一部マスコミが言うような成長戦略失望売りではない

 

 なぜなら、法人減税も雇用改革も今時点で成長戦略に組み込めないことなど周知の事実だから。

   景気本格回復前、消費増税10%実施前に法人減税を実施出来ないことなど自明。

   参院選挙前に雇用改革を出来ないことも自明。

 法人減税も雇用改革も組み込まれないことは織り込み済みの話。

 

 一昨日の日経平均下げは日経16K接近の急ピッチ上昇以降続いている断続的反落、急落の一環に過ぎない

 日経16K急接近だったのだから、日経12Kまで急降下しても不思議ではない。

 

 でも、マクロの状況が変わってなければ下げは一時的。 株価低落は長引かない。

 

 各国の金融政策スタンスに変更はない。

 景気状況に応じて金融緩和を調整するのは、景気中立水準を超えていない現状(長期金利動向を見れば一目瞭然ですね)では企業業績下押し、企業活動圧迫にはならない。

 欧州の金融緩和の後追い状況、欧州景気の低迷長期化、域外投資資金の欧州への還流(新興国投資の抑制)は問題ですが、これらは、欧州の状況に応じて、日米、新興国が金融緩和を調整すれば対応可能な話。

 ECBはマイナス金利にも言及しており、タイミングは後追いなものの金融緩和消極姿勢では必ずしもない。

 

 スピード調整はあっても世界的緩和スタンス変わらず、景気回復トレンド変わらず、株価上昇トレンド不変。

 ただ、ECBの対応があまりにスローだと株価底打ちはかなり緩慢になるかもです。

 以上、ここまでの状況からの観測でした。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 ここ数ヶ月のマスコミのアベノミクス批判は、一昨日の株価急落批判といい、金利上昇批判といい、物価上昇批判といいデマだらけ、デタラメだらけ(前の日記参照)。

 

 とても良識を持って報道、論説してるようには見えない。

 少なくとも国民益のことなど考えてない。

 何が何でも自民潰しという感じです。 その一方、維新やみんなの党をプッシュしてるようにも見えない。 要するに、選挙接近でなりふり構わず民主党の側方支援をしているように見える。

 

 マスコミ多数には国民益を思う気持ちはなく、ただただカルト的盲信、利権的盲従(不合理な左翼思想の信奉、もしくは増税指向のお役所への盲従)しかないよう、、。 だから、反国民益の不合理論説だらけになる。 だからデマやデタラメを次から次へと平気で言いまくる(日本のマスコミの多くは、中国や韓国と行動パターンが似てます

 

 日本では、マスコミ論説を鵜呑みにしたり、マスコミ論説に煽られるのは非常に危険。 反・国民益の方向、自爆方向に誘導されかねない(されました、、それが民主党政権。過去もこういうことのオンパレード、、ゆとり教育、規制再強化、増税、あれやこれや)。

 

 マスコミ論説を鵜呑みにせず、疑い、『事実』を見て、自分の頭で、何が理に適っているのか考える、、、こういう姿勢が必要。 自腹投資をしてる人間には常識的なことですが、、。

 

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    投資雑感
登録日時:2013/06/07(02:21)

通報する

このブログへのコメント

1~4件 / 全4件

  • 通報する

    2013/06/07(11:23)
    はじめてコメントさせていただきます。

    日記に書かれた内容、まさに!と思います。
    私も、一昨日の相場のニュースを聞いて、それは違うだろ、と思っていました。

    というか、相場が引けたあとで、
    ○○だから上げた、☓☓だから下げた、という後付コメントは、
    たいてい「嘘をつけ!」と思って聞いています。

    だって、そんなことが判るなら、最初から
    ○○だから今日は上げ、☓☓だから今日は下げ、
    って決まってしまいますよね。。。

    で、今日もこんなに下げてますが、
    いったいどうなることやら…。
  • 通報する

    2013/06/07(22:39)

    どうもです。

     

     ずっと上げっぱなしだったうえに、行きすぎなとこまで上げてしまったわけですから、反動はありますよね。

     上のほうで買いすぎがあるわけですから、そういうのの手放し含めて下げが加速してるわけでしょう。

     

     マクロの状況に変調がなければ、今回景気回復局面通しで見れば、その買いも決して高値ではなかった、ということになると思いますけれどね。

     

     欧州の金融緩和がとろいので、不良債権問題が長期化し、欧州資金の世界中からの断続的引き上げが続く可能性が高いわけですが、これに対し、日米・新興国(中国以外)が十分な金融緩和で対処してくれるか、、ここがポイントと思います。

     

     

  • 通報する

    2013/06/09(13:32)

    こんにちは〈jojuさん

     

    >でも、マクロの状況が変わってなければ下げは一時的。 株価低落は長引かない。

     

    私も単なる上げ過ぎの調整だと考えています。巨大地震と同じで余震も大きくて困まりますが。

     

    >とても良識を持って報道、論説してるようには見えない。

     

    私は最近、海外メディアの日本語版を中心に読むようにしています。

    判断材料がほかに無いのに情報が遅い上にかたよった記事では本当に困りますね。何を信じたらいいのか!!!

     

     

     

  • 通報する

    2013/06/11(01:13)

     『事実』だけを信じ、『論説』は全て疑う、、、自分はそういうスタンスで一番、理に適った方向を探ってます。

     ま、『事実』も時系列で広く情報を集めないと、ホントのとこは見えて来ないのですが、、、。

     マスコミには『事実』も言わない、デマを平気で書きまくり、フォローすらない会社もありますしね、、、(しかも、こういうのが日本では大マスコミなのだから笑えます)

     

     ちなみに当方も成長戦略には失望してますが、それは今回景気回復には影響軽微なので、それを理由に売る、という行動はあり得ないと思ってます

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。
みんかぶアカデミー

トムソン・ロイター 金融マーケット情報配信サービス
個人投資家の予想
最新24時間の予想傾向(%)
買い優勢
+16.5%(前日比)

予想投稿数 比率(%)

79.2 20.8
買い予想数上昇(最新48時間)
売り予想数上昇(最新48時間)
個人投資家の予想(新着順)
マーケットサマリー
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

18,996.37

▲ +230.90

TOPIX

1,525.36

▲ +12.67

JASDAQ総合指数

118.67

▼ -0.09

米ドル/円

115.02

▲ +1.00

ユーロ/円

121.53

▲ +0.50

ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック
みんかぶピックアップ

ネット証券比較

証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!

ページTOPへ