収益性
0
活発度
0
人気度
52
収益量
0
投稿量
79
注目度
55

jojuさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1070件目 / 全1494件次へ »
ブログ

竹島問題は排外的ナショナリズムでなく防衛問題

 鳥越俊太郎、今日のテレ朝での論説、、、

 

 竹島問題で両国の排外的ナショナリズムが高まると、戦争に至る危険がある、、とのこと。

 

 この論調、日経新聞でも全く同じものが出てました。 キャンペーン的に左翼系のマスコミが張っている論調のようです。

 ちなみに当方、右翼でなく、普通に民主主義、自由経済を支持してますので、反右翼・反左翼です。

 

 上記論説の後に続くのは、韓国は絶対竹島では譲歩しない、日本は冷静に報復合戦を止めるべきだ、という論調

 一体全体、どこの国のマスコミか、と思う無責任論調です。

 

 日本にとって、竹島問題は排外的ナショナリズムでなく、純粋に国土防衛問題、不法占拠問題です。

 侵略行為を止めない、と相手が言っている以上、それを止めさせるべく対抗措置を取り続けるのは、当然の措置です。

 これは普通の、持つべき愛国心であり、これが無いなら、日本人であることを止めるべきでしょう。  

 韓国なり外国に移住するか、南極に移住して世界市民を標榜すべきです。

 

 侵略行為に対し、最終的に防衛戦争に至っても、それは仕方のないことです。

 侵略している韓国側は戦争もにらんだシミュレーションを既に行っています。

 日本もそこまでのシミュレーションを行うべきでしょう。

 

 そこに至る前に経済制裁措置等、やらなければいけないことは山ほどあります。

 侵略行為を止めないならば、もしくは国際司法裁判所に出ようとしないならば(これは侵略の自覚の証し)、経済制裁等、防衛措置を一つ一つ、積み重ねて行く必要があります

 

 侵略国を利するような経済協力、技術援助、資金援助は止めていくべきだし、侵略国を利する貿易も縮小していくべきです

 侵略国との間で貿易の利を求めるのは、逆噴射行為。

 リスクが小さく利益が大きい非侵略国との貿易拡大に注力すべき。 

 

 

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

2件のコメントがあります
  • イメージ
    jojuさんのおっしゃることは、全く正しいと思います。

    国連の重要機関である国際司法裁判所。
    提訴に応じない大韓民国。

    国連の分担金負担率世界第2位で、毎年数百億円負担している日本。

    ここは一度、国際司法裁判所が提訴を取り上げないなら、国連の分担金を止めるくらいのことを世界に発信し、ごねてみては、いかがでしょうか?

    そもそも国連は、戦勝国のために造られた機関で、敗戦国に冷たい。

    以前から、日本が国連安保常任理事国になれないことに不満を感じています。

    分担金だけ取られるだけの国連なんて、止めてしまえと思っています。
  • イメージ
    jojuさん (対象外)
    2012/08/25(02:03)

    お金だけ払って何も言わない怠慢外交のせいでしょうね。

    まずは、物言う政治家を選び、働く外交官を抜擢させることでしょう。

     

    それで、言ったことは通らないならば、その範囲の分担金に下げていくように動くべきなのです。

     

    この問題はどちらかというと内政問題由来ではないでしょうか?

    まずは、バラマキを海外でもしまくる政治家(政党)を落とすことです。

     

    具体的には自民、民主ですね(--;

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。