jojuさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1411件目 / 全1494件次へ »

中国、新五カ年計画とチャイナリスク

 中国の新五カ年計画発表。
 軍備増強、海洋権益確保、在外公民の保護がうたわれております。
 更に軍備を拡張して、尖閣奪取を目指し、在日中国人を使った内政干渉を行う、ということ。

 最近、尖閣方面向けと思われる高速船の大量配備も計画されてます。 能天気な民主党、能天気な仙石氏で大丈夫だろうか。

 中国に入れ込んでいる日本企業(例えば、基礎研究開発まで中国シフトし出しているシャープや、制限なき最新技術投入byゴーンの日産)は、大丈夫? 欧米企業でここまでやるとこはないと思うのだが、大丈夫か?

 最新技術を出しても売り上げが、欧米企業ほど伸びない日本企業は、中国投資の費用対効果について中長期視点でよーく、再考すべき。

 中国巨大市場の甘言、中国人のヒトたらしテクの凄まじさに騙され、薄利と引き換えに技術を奪われ、そうして中国市場から追い出され、世界市場からも安値攻勢で駆逐されてきた家電、太陽電池その他の轍を踏まないこと。

 政経、そして日銀で結束して、中長期の中国戦略を練らないと、5年後にトンデモないことになるでしょう。 役所の能天気かつ不毛の縦割り合戦もしっかり締めつけることです(中国の思うツボ) 
 中国政府内も分裂しているから大丈夫、という甘い幻想は持つべきではないのです(10年来の幻想にも関わらず、現実はそうした方向に動いてない)
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    投資雑感
登録日時:2010/10/30(07:04)

 通報する

このブログへのコメント

1~3件 / 全3件

  •  通報する

    2010/10/30(09:29)
    おはようございます。

    尖閣には海上自衛隊の基地と補給物資用のヘリポート(海兵隊がいつでも来れる)
    が必要でしょう。当然、観戦も増強し、寝泊りしてもらいましょう。
    料理する民間人も必要でしょう。
  •  通報する

    2010/10/30(10:23)
    中国が行う行動は 富国強兵 軍備増強 領土拡張 まるで帝国主義を見ているようです。

    このような国家に対して 現在の民主党政権の大甘ちゃんな考えには呆れかえりますね。
    国家には背骨の通った確固とした外交方針があってしかるべき。

    その場その場 相手の顔色を窺って媚びへつらう 菅政権にはうんざりです。
    なめられて当たり前ですね。
  •  通報する

    2010/10/30(23:14)
    皆様方、どうもです。

     帝国主義を見ているようでなく、帝国主義そのものです。 そういう教育内容になってますから、中国は。 古くは「兼高かおる、世界の旅」でも紹介されてましたが、軍国主義教育そのまんまです。 特に共青同や太子党の面々はそういうところから育ってくるのです。
     中国の幹部に親日派などいるわけはないのです。

     いるのは、反日派と、親日のふりをした反日派だけ。

     両方を交互に出して、日本の譲歩を誘うのが中国のワンパターンの対日戦術。 親日派を助け、反日派を勢い付かせないように譲歩しましょう、と朝日など眉中マスゴミを使ってキャンペーンを張る。

     今は、反日派を勢い付かせないよう、前原外相の「暴言」(尖閣は日本領とか、、。これって正論では?)を抑えましょう、というキャンペーンを張っている。 そうして、「尖閣は日本領」と言えない雰囲気を作り上げる作戦。

     中国の領土侵略、領海侵略は絶対許してはイケナイ。 領土、領海は国の根幹。

     目先かつ一時的に過ぎず、かつ薄利にしかなっていない(技術流出分を含めると多分損失のほうが大きい)アホな企業益のために、国家主権を損なうことがあってはならないのです(詳細は以前の日記に記載)。  

     あと、米国に守って貰う、という発想もダメ。 自国を自分で守ろうとする気概がない国は、同盟国であれ、助けられない。 日本の成長力(=防衛力増強能力)は、日銀の20年来の大馬鹿金融政策で抑えられているだけで、実際はそんなに低くない。 指導者が変われば劇的に変われる状況にあります。

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。