ひさっちさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1364件目 / 全3060件次へ »

世間より高すぎる給料なのに文句を言ってる日テレ関係者

今月1日にストライキを決行した日テレ労働組合。

平均年収1300万円と世間の年収からは考えられない高給取りばかりだが、このご時世、世間同様マスコミ各社の業績も悪化している中で、給料が多少下がったところでまだまだ恵まれている事に気付かないのだろうか?

日刊ゲンダイにまで揶揄されているように全く同情する気にもなれない。

経済無策で義務を果たさず権利の主張ばかり行う政党を偏向報道オンパレードで支持し、政権交代の大きな立役者となったテレビ局。
結果、国内の経済は停滞気味でクライアントの広告出稿が減り業績圧迫、自分で自分の首を絞める結果となっただけなのに、今さら何を言っているのだろう。
甘えも甚だしい、自業自得というもんだ。

民間は伸びない(減る)給料の中、皆頑張って生活してんだよ。何様のつもりなんだか。
下請けを安い賃金でこき使っていながら、片方では格差社会がどうたらみたいな講釈垂れる矛盾もあったりする。

もうJALと同じ臭いがしてきましたわ。





ストを決行した日テレ社員に同情の余地なし?
http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/gendai-000124495/1.htm

 日本テレビの労働組合が1日、ついにストライキを決行。局内の反応はどうなのか。キー局は高年収で有名なだけに、どれだけ感覚がズレているのかという声も聞こえてくるが、日テレの社員にとっては「背に腹は代えられない」心境とか。

 ストを決行したのは今年3月に会社側が組合に提示した賃金制度を拒否しているためだが、場合によっては「300万円ぐらいダウンする」内容というから、承服できないのも仕方なしか。

「実は日テレはテレビ東京よりも年収が低いといわれるほど。数年前から段階的にダウンし、今度は手当も打ち切られる。経営側はそれでも世間の相場より高いと考えているようですが、社員にはずっとやってきた生活のレベルがある。いきなり大幅ダウンではやっていけないのです。会社は社員の生活権をどう考えているのか」(日テレ関係者)

 それでも同情する声は少ない。

(日刊ゲンダイ2010年9月3日掲載)
登録日時:2010/09/06(11:49)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。