収益性
82
活発度
0
人気度
65
収益量
73
投稿量
100
注目度
62

ひさっちさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1391件目 / 全3060件次へ »
ブログ

原子力協定の停止規定 インドの反発必至で原発受注難しく

岡田外相がインドの外相との会談で、核実験をすれば原子力協定を停止と申入れ。

親日国インドに対してこの発言。
インドの反発は必至で、今後の原発受注にも大きな影響を及ぼしそうな感じ。

民主党政権になって世界の原発受注や鉄道受注負け続けてますが、どうやらここまでくると外交下手が大きく関係していると言わざるを得ないか。。。

インドに言うなら同じことを中国やパキスタンにも言うべきでしょ。
北朝鮮なんか堂々と核実験しているのに、その手先の朝鮮学校を無償化するといったインドに対する態度とは真反対の態度。
おかしくね?

そういえばインドと中国って仲悪かったですよね。
安倍さんや麻生さんはじめ自民党が築いた日印関係の親密さが気に食わないから、破壊工作でもしているのでしょうかね?


民主党って日本国民のためではなく、中韓国民のための政治しかしてませんね。


原子力協定に「核軍縮」明記を=岡田外相、日印戦略対話で要請
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010082200003

 【ニューデリー時事】岡田克也外相は21日、インドの首都ニューデリーでクリシュナ外相との日印戦略対話を行った。両氏は6月に開始した両国の原子力協定の締結交渉を加速させることを確認。ただ、岡田氏は国内の慎重意見を踏まえ、協定の中に核軍縮に向けたインドの考え方を盛り込むよう要請した。
 岡田氏は会談でクリシュナ外相に対し、唯一の被爆国である日本では核拡散防止条約(NPT)非加盟のインドへの協力に慎重な世論があると説明。インドが再び核実験を実施した場合には協力を停止する考えを伝えるとともに、協定への「核軍縮」明記に理解を求めた。
 これに対しクリシュナ氏は「交渉は難しいかもしれないが、良い協定ができるよう努力する」と応じた。
 経済連携協定(EPA)をめぐっては、年内のシン首相訪日までに交渉妥結を目指すことで一致。岡田氏は経済協力拡大のための閣僚級協議の創設を打診した。同氏は会談後の記者会見で、交渉は比較的順調だとしつつ、「最終的には政治的決断を求められることもある」と述べ、両国間で妥協を図る可能性も示唆した。 
 外相戦略対話は2007年から毎年行われ、今回が4回目。これに先立ち、岡田氏はシン首相を表敬訪問し、インド政府に核不拡散への取り組みを強化するよう要請。シン首相は核実験モラトリアム(凍結)を継続する考えを示した。(2010/08/22-00:31)
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。