収益性
82
活発度
47
人気度
64
収益量
73
投稿量
100
注目度
61

ひさっちさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1787件目 / 全3060件次へ »
ブログ

前代未聞 OECDがこども手当について見直しの政策提言

前代未聞の話です。

国際機関のOECD(経済協力開発機構)が民主党のこども手当について見直ししろと政策提言です。

今日も全銘柄の値動きを示すTOPIXは安値更新している独り負けの日本。

世界から日本が見捨てられている証拠ですね。

もうこの政権なんとかしてほしいわ。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

2件のコメントがあります
  • イメージ
    DRAGON'さん (0.0point)
    2009/11/18(12:22)
     ひさっちさんへ

     こんにちは。
     相変わらず耳が早いですね。
     ひさっちさんの、この記事をみて、さっそくググってみました。

     http://www.47news.jp/CN/200911/CN2009111801000220.html
     ”経済協力開発機構(OECD)は18日、日本の経済政策に関する提言を発表した。鳩山政権が導入を目指している子ども手当について「目的と対象を再検討すべきだ」とし、大幅な見直しが必要だとの見解を明らかにした。所得格差是正のための税制改革も求めた。
     所得制限を設けずに幅広く給付する子ども手当に対しては、巨額の財源が必要で、少子化対策としての効果を疑問視する見方がくすぶっている。OECDの提言は、子ども手当の制度づくりに影響を与える可能性がある。
     民主党は総選挙で、中学生までの子どもを持つ家庭に1人当たり月2万6千円の子ども手当を支給すると公約。鳩山政権は10年度予算で、半分に当たる月額1万3千円を支給する方向で検討している。
     提言は「教育は将来の経済的繁栄への戦略的投資だ」と指摘。幼児教育と保育サービスの一元化などを促した。
     税制改革では、納税額から一定額を差し引く税額控除による減税と、所得が課税最低限に達しない人たちへの給付金による支援を組み合わせた「給付付き税額控除」を導入し、所得格差を是正することを盛り込んだ。”
     …ああ、確かに。OECDの話は、ごもっともな意見ですね。
     まぁ子供手当と財源、あとそれに伴う税制の変更は以前から問題があると思っていました。
     政府も、これを見て反省してくれたらと思います。
     (どうせ政府は無視するか、内政干渉だとか訳のわからん事をほざくのでしょうが…ね)
  • イメージ
    DRAGON'さん

    こんにちわ

    ニュースソース貼り付けありがとうございました。
    携帯からだったのですが、ニュース目にして腹が立って腹が立って、携帯から書かずにいられませんでした。

    もちろん腹が立ったのはOECDではなく、日本の政権ですw
    OECDはまさに正論だし、日本初の鳩山恐慌を恐れているのでしょうね。

    国際機関からこんな指摘喰らって、恥ずかしい限りです。
    しかしテレビマスゴミは一生懸命スルーして、事業仕訳ヨイショしまくるため、大多数の国民はこの事実すら知る由もないのでしょうね。
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。