収益性
82
活発度
0
人気度
69
収益量
73
投稿量
100
注目度
91

ひさっちさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ2025件目 / 全3060件次へ »

太陽光発電買い取り費用 全世帯の電気料金へ上乗せ

家庭などで余った太陽光発電の電力の買い取り費用として、全家庭から電気料金の上乗せという形で徴収されることになりました。

1世帯当たり30円で16年度からは100円になるとのこと。

さてさてこれで思惑通りに太陽光発電の普及は進むのでしょうか?





「太陽光発電」買い取り費、全世帯に料金上乗せ
http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20090723-OYT1T00607.htm?from=main1

 家庭などの太陽光発電で余った電力を電力会社に現在の2倍の価格で買い取らせる新制度の導入に伴い、電力会社が買い取りコストを一般家庭の電気料金に転嫁する仕組みの詳細が23日、明らかになった。

 来年4月以降、低所得者も含めた全世帯から徴収する。上乗せ額は来年4月からの1年間は未定で、2011年度は標準的な家庭で平均月額約30円、16年度以降は最大月100円程度となる見込みだ。経済産業省が23日午後、買い取り制度に関する審議会の小委員会で公表した。

 新制度は7月に国会で成立したエネルギー供給構造高度化法で定められた。電力会社は現在、太陽光発電で余った電力を1キロ・ワット時あたり24円程度で自主的に買い取っているが、新制度では買い取りが義務付けられ、価格も同48円に引き上げられる。今年中に適用し、太陽光発電の普及を後押しして温室効果ガスの排出量を減らす狙いだ。

 一方、買い取り価格引き上げで生じる電力会社のコストは、電気料金への転嫁が認められた。電力会社がコスト増に耐えきれないためだ。コストは受益者が負担するという公共料金の考え方を根拠としており、各世帯の電力の使用量に応じて電気料金に上乗せする仕組みとする。

 所得の低い家庭や太陽光発電設備を設置しない家庭から不満が出る可能性もあり、上乗せ方法が焦点となっていたが、経産省は温暖化対策は国民全体で取り組むべきだとの考えから、全世帯への上乗せを決めた。

 経産省は国内の太陽光発電を20年に05年比で20倍の2800万キロ・ワットまで増やすことを目指しており、これをもとに電気料金への上乗せ額をはじいた。実際の上乗せ額は、各電力会社が買い取り量に応じて独自に決める。経産省が想定した標準家庭の額を上回るケースも出るとみられる。

(2009年7月23日14時51分 読売新聞)
登録日時:2009/07/23(15:54)

 通報する

このブログへのコメント

1~2件 / 全2件

  •  通報する

    2009/07/23(21:59)
    こんばんは

    ドイツではとっくにやっている政策です。。
    日本のメーカーが太陽光発電を作ったのに(--;
    日本では普及せずに諸外国ではどんどん普及しているという話です。。こんな所でも日本政府って??と思いました。。

    もう、早いところはスマートグリッドですね~野村さんは前から目をつけているみたいです
  •  通報する

    2009/07/24(10:59)
    彩泉さん こんにちわ

    >日本のメーカーが太陽光発電を作ったのに(--;
    日本では普及せずに諸外国ではどんどん普及しているという話です。。

    設置コストが高過ぎるのと、国民の意識の低さが問題でしょうかね?
    無駄な道路掘り返すなら、こういうものに積極的に助成金出して普及させたらとも思いますね。

    >スマートグリッド

    関連銘柄すごいですね
    野村は安く仕込んで煽ってぼろ儲けですね。
    これって合法的な相場操縦なんですかね?

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。