ダイコク電機のTOP

ダイコク電の詳細情報

始値1,443.0円 単元株数100株
高値1,443.0円 PER(調整後)26.86倍
安値1,423.0円 PSR0.61倍
配当利回り2.80% PBR0.72倍
出来高15,300株
時価総額21,096百万円
発行済株数14,783千株
最安購入金額 ---
株主優待 株主優待ポイント
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
※配当利回りは2018年3月期の実績値で計算しております。

目標株価

目標株価

買い
1,618 円
現在株価との差

+191.0 

理論株価

(03/19)

1,721 円
割安

この株価診断に賛成?反対?

この売買予想に賛成?反対?

予想人数内訳

単位:人

強買 買い 中立 売り 強売
0 0 1 0 0
  • ニュース

    ダイコク電機---3Qは営業利益、経常利益2ケタ増益。引き続き情報システム事業で利益増

    ダイコク電機は13日、2019年3月期第3四半期連結決算を発表した。売上高が前年同期比11.4%減の247.95億円、営業利益が同27.2%増の18.41億円、経常利益が同25.6%増の20.16億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同40.1%増の13.42億円となった。情報システム事業の売上高は前年同期比2.8%減の198.10億円、セグメント利益は同17.5%増の27.87億円となった。第 ...続きを読む
  • 適時開示

    平成31年3月期第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

    平成31年3月期第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
  • ニュース

    ダイコク電 Research Memo(8):市場環境に影響を受けない収益構造の確立を目指す

    ■今後の戦略的方向性ダイコク電機は、2020年3月期を最終年度とする中期経営計画「Next50 第一章」を推進している。足元の市場環境は不透明感が漂うものの、中期的には緩やかに回復に向かうとの想定のもと、市場変化への対応(よりゲーム性を重視したファンの獲得)やパチンコホール経営の変革(データ分析に基づく戦略的な経営判断)に貢献するための事業基盤の強化に取り組む内容となっている。特に、これまで積極的 ...続きを読む
  • ニュース

    ダイコク電 Research Memo(7):2019年3月期の期初予想を据え置き、増収増益を見込む

    ■業績見通し1. 2019年3月期の業績予想2019年3月期の業績予想についてダイコク電機は、期初予想を据え置き、売上高を前期比2.7%増の35,000百万円、営業利益を同9.0%増の1,300百万円、経常利益を同0.7%増の1,400百万円、親会社株主に帰属する当期純利益を同1.9%増の800百万円と増収増益を見込んでいる。引き続き、「制御システム事業」の減収を見込む一方、「情報システム事業」が ...続きを読む
  • ニュース

    ダイコク電 Research Memo(6):上期業績は値引き率の抑制やサービス売上の伸びが収益の底上げに貢献

    ■決算動向2. 2019年3月期上期決算の概要ダイコク電機の2019年3月期上期の業績は、売上高が前年同期比20.9%減の14,230百万円、営業利益が同132.6%増の872百万円、経常利益が同103.7%増の1,005百万円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同115.3%増の637百万円と減収ながら大幅な増益となった。期初予想に対しても、売上高が下回ったものの、利益面では大きく上振れる進捗と ...続きを読む
  • ニュース

    ダイコク電 Research Memo(5):業界が転換期を迎えるなか、将来の成長に向けた研究開発費を積極投入

    ■決算動向1. 過去の業績推移過去8期分の業績を振り返ると、個人消費の冷え込みと東日本大震災の影響とが重なった2011年3月期に業績の落ち込みがあったが、その後はパチンコ業界が縮小傾向にあるなかでも、ダイコク電機の業績は順調に回復してきた。特に高い市場シェアを誇る「情報システム事業」は、2015年3月期まで3期連続で過去最高の売上高を更新しており、同社の業績を支えてきた。ただ、2016年3月期以降 ...続きを読む
  • ニュース

    ダイコク電 Research Memo(4):業界は当面は不透明感が残るものの、中期的には事業拡大の好機

    ■ダイコク電機の業界環境パチンコ業界は、遊技人口の減少、低貸玉化への流れ、消費税増税の影響などを受けて厳しい環境が続いている。特に、2015年に業界における自主規制(高射幸性機種の制限等)がパチンコ及びパチスロ遊技機の両方で実施されると、2016年に入ってからも「検定機と性能が異なる可能性のあるぱちんこ遊技機」回収・撤去の問題が動き出し、業界全体が停滞感に覆われてきた。さらに2017年9月4日には ...続きを読む
  • ニュース

    ダイコク電 Research Memo(3):様々な局面からホール経営に対する付加価値を提供

    ■企業特長1. 革新的な価値提供による市場開拓型の成長モデルダイコク電機は、創業以来、常に新たなカテゴリーの製品やサービスを企画・開発することで市場を開拓し、成長を遂げてきた。単に機能性に優れているだけでなく、「データ管理の重要性」と「情報公開の必要性」を提唱し、様々な局面からホール経営に対する付加価値を提供してきたところに同社の強みがある。1974年に発売した「ホールコンピュータ」は、それまで簡 ...続きを読む
  • ニュース

    ダイコク電 Research Memo(2):業界標準である管理手法の提供により業界No.1の市場シェア

    ■事業内容ダイコク電機は、パチンコホール向けコンピュータシステムの開発・製造・販売を主力として、パチンコ遊技機の表示・制御ユニットやパチスロ遊技機の開発・製造・販売等も手掛けている。パチンコホールの経営を支えるホールコンピュータのパイオニアとして、データ管理を重視した管理手法の提案や、革新的機能を搭載した周辺機器の投入、業界随一の会員制情報提供サービスなどにより、ホールからの信頼とファンの満足度を ...続きを読む
  • ニュース

    ダイコク電 Research Memo(1):上期業績は「新規則」の影響により減収となるも大幅な増益を実現

    ■要約ダイコク電機は、パチンコホール向けコンピュータシステムの開発・製造・販売のほか、パチンコ遊技機の表示・制御ユニット及びパチスロ遊技機の開発・製造・販売等を2本柱としている。主力のホールコンピュータ分野では、デファクトスタンダードとなっている管理手法の提供等により、業界No.1の市場シェア約35%を握る。また、パチンコホールの経営を支援する業界随一の会員制情報提供サービス「DK-SIS」では、 ...続きを読む

読み込みに時間がかかっています。
しばらくしてからもう一度お試しください。

読み込みに失敗しました。
しばらくしてからもう一度お試しください。

さらに表示

  • 最近見た銘柄
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

21,566.85

-17.65

TOPIX

1,610.23

-3.45

JASDAQ

153.19

+0.85

米ドル/円

111.24

-0.18

ユーロ/円

126.26

-0.05

ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介