3021  東証2部

パシフィックネット

レポート銘柄
お気に入り

株価(02/21)

年高値
年安値
STOP高
STOP安
1,368.0
+6.0(+0.44%)
売り

目標株価

934

あなたの予想

未投稿

パシフィックネットの株価情報TOP

PCNETの株価参考指標

業種 小売業
中古PC・携帯を販売。自社でデータ消去・修理。子会社でガイド無線機。
  • 始値
    1,337.0円
  • 高値
    1,393.0円
  • 安値
    1,316.0円
  • 配当利回り
    1.54%
  • 単元株数
    100株
  • PER(調整後)
    36.83倍
  • PSR
    1.69倍
  • PBR
    3.58倍
  • 出来高
    20,700株
  • 時価総額
    7,079百万円
  • 発行済株数
    5,175千株
  • 株主優待
    ---
  • 購入金額
    最安---
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
※配当利回りは2019年5月期の実績値で計算しております。

目標株価

目標株価

売り
934 円
現在株価との差

-434.0 

理論株価

(02/21)

1,043 円
割高

この株価診断に賛成?反対?

この売買予想に賛成?反対?

アナリストの予想がありません

証券アナリストの予想

予想株価

---

--- 円
対象外

予想人数内訳

単位:人

強買 買い 中立 売り 強売
0 0 0 0 0
  • ニュース

    PCNET Research Memo(8):配当性向30%以上を目安として配当を実施

    ■株主還元策パシフィックネットは株主還元を経営の最重要課題の1つとして位置付けている。株主各位への利益配分については、継続的な利益還元を基本としたうえで業績連動型の配当方式を採用し、配当性向を重視して決定している。配当額は、親会社に帰属する当期純利益の30%以上を配当性向の目安として決定していく方針である。内部留保資金使途については、持続的な成長を確保するため、財務体質のより一層の強化と将来の事業 ...続きを読む
  • ニュース

    PCNET Research Memo(7):クラウド化の流れ、IT人材不足などの追い風も生かし、持続的な成長狙う

    ■パシフィックネットの中長期の成長戦略中期経営計画「SHIFT2021」の最終年度である2021年5月期は、Windows 10への入れ替えに伴う特需はやや落ち着くことが見込まれる。一方で、ITデバイス+ITサービスをサブスクリプションモデルにて提供する「Marutto 365(R)」等の展開やテクノアライアンスの子会社化によるクラウドサービスの強化などにより、サービス範囲及び顧客層の拡大が期待で ...続きを読む
  • ニュース

    PCNET Research Memo(6):2020年5月期は先行投資を強化するも、成長スピードが加速

    ■パシフィックネットの今後の見通し2020年5月期の見通しは、IT機器導入・ITサービス市場では、2020年1月のWindows 7サポート終了に伴うWindows 10への入れ替え需要、企業の働き方改革に向けたIT投資、企業内IT人材の不足によるアウトソーシングニーズ、デジタルトランスフォーメーションに資する投資等の拡大を背景として市場の成長が見込まれ、LCMサービスの受注は引き続き伸長すると想 ...続きを読む
  • ニュース

    PCNET Research Memo(5):2020年5月期第2四半期は計画比で大幅な上積みを達成

    ■業績動向1. 2020年5月期第2四半期業績概要パシフィックネットは2019年5月期を初年度とする中期経営計画「SHIFT2021」に基づき、収益の変動が大きなフロー中心から持続的成長が可能なストック中心の収益・事業構造への転換を引き続き進めている。この事業構造改革に向けて、LCM事業への選択と集中、戦略的投資を進めた。LCM事業については、Windows 10への入れ替えやIT人材不足の深刻化 ...続きを読む
  • ニュース

    PCNET Research Memo(4):優良顧客基盤、人的・物的資源の充実、データ消去サービスなどが強み

    ■強みパシフィックネットの強みとしては以下の4点が考えられる。これらは他社にとっての参入障壁となっており、サブスクリプションモデルの拡大と、それに伴う更なる収益力の強化・向上が期待できる。1. 顧客基盤同社は長年、法人の使用済みIT機器の回収やデータ消去等、適正処分サービスに取り組んできた。昨今のコンプライアンス重視の流れや環境保護意識の高まりと、同社の活動実績への信頼により、セキュリティ意識が高 ...続きを読む
  • ニュース

    PCNET Research Memo(3):中期経営計画の最重要施策でもある法人向けLCM事業が主力事業

    ■事業概要パシフィックネットは4つの事業で構成されている。1つ目が中期経営計画「SHIFT 2021」の最重要施策でもあるLCM事業である。法人向けにIT機器の調達、運用・管理から使用済み機器の回収・適正処分までのサービスを展開している。2020年5月期第2四半期には同事業は売上高全体の58.8%を占めている。2つ目がリマーケティング事業で、法人の使用済みIT機器を全国配置のテクニカルセンターで再 ...続きを読む
  • ニュース

    PCNET Research Memo(2):法人向けにIT機器のLCM事業をサブスクリプションモデルで展開

    ■会社概要1. 会社概要パシフィックネットは法人のIT機器の調達、運用・保守から、使用済み機器の回収・データ消去、適正処分(リユース・リサイクル)までのライフサイクルマネジメント(LCM)をワンストップで支援する唯一の上場企業である。グループ会社は2社が存在する。Microsoftのクラウドサービス分野で高い技術力を持ち、クラウド製品・サービスに関する技術支援及び教育指導等を行う(株)テクノアライ ...続きを読む
  • ニュース

    PCNET Research Memo(1):ストック収益中心へ大胆に構造転換、市場環境も追い風に収益力が大幅アップ

    ■要約パシフィックネットは、IT機器の調達、運用・保守、回収・データ消去、リユース・リサイクル、というライフサイクルマネジメント(LCM)をワンストップで支援する唯一の上場企業である。これまでの、使用済みIT機器の引き取り・回収やリユースPC販売などのフロー収益を中心としたビジネスモデルから脱却し、ストック収益を中心とした業態へと大幅に事業構造の改革を図っている。具体的には、法人のIT機器全般の調 ...続きを読む
  • 適時開示

    当社連結子会社ケンネットが、ガイド無線機「イヤホンガイド」の新製品KR-400を発売

    当社連結子会社ケンネットが、ガイド無線機「イヤホンガイド」の新製品KR-400を発売
  • ニュース

    相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

    GSIクレオス  四季報によると、繊維はインナー用機能糸・生地数量回復。中国向けインナーOEMや欧米向け外衣用生地好調だが、工業製品は円高で海外販売目減り。営業益は小幅増。21年3月期はホビー用など工業製品が牽引。ブラジルで病院運営に実績のある現地企業と合弁会社を設立、富裕層向け透析クリニックを2軒開業予定。20年度の売上10億円目指し、現地での営業強化。 2月3日発表。2020年3月期本決算 ...続きを読む

読み込みに時間がかかっています。
しばらくしてからもう一度お試しください。

読み込みに失敗しました。
しばらくしてからもう一度お試しください。

さらに表示

パシフィックネット あなたの予想は?

  • 最近見た銘柄
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

23,386.74

-92.40

TOPIX

1,674.00

-0.48

JASDAQ

165.71

-0.21

米ドル/円

110.97

-0.37

ユーロ/円

120.16

-0.38

WTI原油

53.38

-0.50

NY金

1,648.8

+28.30

ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介