エムスリーの関連ブログ

210

全文
  • ブログ

    NTTドコモがエムスリーと資本業務提携し333億円出資

    NTTドコモは、医療情報サービスのエムスリーと資本業務提携するそうです。ドコモがエムスリーの第三者割当増資を引き受け、2020万株を約333億円で取得し、出資比率は約3%となるそうです。携帯電話料金は政府の値下げ圧力により、通信事業の伸びは頭打ちとなり、「非通信」分野の強化策の一環として取り組むようです。 出資に加え、両社で共同出資会社を設立するそうです。新会社「empheal(エンフィール)」は... ...続きを読む
  • ブログ

    今日の成績

    【実現利益】-39,700円【取引】日立化成 信用買い -96,800円エムスリー 信用買い 10,000円日産自動車 信用買い 15,400円トレンドマイクロ 信用買い 10,000円オハラ 信用買い 11,200円ペッパーフードサービス 信用買い 10,500円 【感想】損切は大事です 
  • ブログ

    今日の成績

    【実現利益】42,600円【取引】ネクソン 信用買い 11,200円エムスリー 信用買い 10,000円ソースネクスト 信用買い 11,200円西武ホールディングス 信用買い 10,200円 【感想】もう一息 
  • ブログ

    今日の成績

    【実現利益】-210,800円【取引】エムスリー 信用売り -220,800円マツキヨ 信用買い 10,000円 【感想】損切り実行 
  • ブログ

    特別編 (2)

    ウルトラセブンの本放送が行われた1968年に生まれたファンドマネージャー、鎌倉投信の新井和宏さんに注目していますが、彼のユニークな点の一つは、運用している投資信託に組み入れている銘柄をすべて公開していることです。 公開することで、真似されてしまうのでは、と心配する人に対しては、「このファンドは、中小企業やベンチャー企業も積極的に組み入れますが、長期的視点で「いい企業」を選択するので、ほかの方にもそ... ...続きを読む
  • ブログ

    特別編 (1)

    ウルトラセブンの本放送が終了したのは1968年9月8日でしたが、この同じ年に生まれたファンドマネージャーが、近頃注目を浴びています。 鎌倉投信 取締役 資産運用部長の新井和宏さんです。 ウルトラセブン本放送期間中(1967.10.1~1968.9.8)に誕生したかどうか未確認ですが、ひょっとすると、ウルトラセブン世代が地球を救うかもしれません。(大げさ)  彼は、 ・お金や利益が目的になってしまっ... ...続きを読む
  • ブログ

    「史上最大の侵略(後編)」 より (その4)

    ウルトラセブンの最終回である第49話「史上最大の侵略(後編)」が放送されたのは1968年9月8日でした。 双頭怪獣パンドンが登場します。 パンドンの名前の由来は、パンドラです。 パンドラはギリシア神話に登場する女性で、神々によって作られ人類の災いとして地上に送り込まれました。 神々は最後に彼女に決して開けてはいけないと言い含めて箱を持たせましたが、好奇心が強い彼女は、ある日その箱を開けてしまいまし... ...続きを読む
  • ブログ

    「史上最大の侵略(前編)」 より (その4)

    1968年9月1日は、ウルトラセブン第48話「史上最大の侵略(前編)」の放送日でした。 幽霊怪人ゴース星人が登場します。ゴース星人の名前の由来は、英語の幽霊をあらわす「ゴースト(ghost)」です。 ゴース星人は、地球全人類の抹殺計画「30億人皆殺し計画」を実行し、パリやモスクワに大打撃を与え、地球侵略完遂まであと一歩まで迫った、まれにみる強力な侵略者です。 しかし意外にも、用心棒の怪獣パンドンの... ...続きを読む
  • ブログ

    「あなたはだあれ」 より (その4)

    ウルトラセブン第47話「あなたはだあれ」は、1968年8月25日に放送されました。 集団宇宙人フック星人が登場します。 フック星人の名前の由来はフクロウから来ています。 ジャブやストレートといった、パンチの種類とは関係ないようです。 ウルトラ7株の8/25現在の売買サインは以下のとおりとなっております。投資結果には一切責任を取りませんので、投資判断は自己責任でお願いします。 1.9437 NTTド... ...続きを読む
  • ブログ

    「ダン対セブンの決闘」 より (その4)

    「ダン対セブンの決闘」は、1968年8月18日に放送された、ウルトラセブン第46話です。 侵略星人 サロメ星人が登場します。 サロメ星人の名前の由来は、聖書に伝わる洗礼者ヨハネの首を持つサロメから来ているとのこと。 オスカー・ワイルドの戯曲にもなっています。 ウルトラ7株の8/18現在の売買サインは以下のとおりとなっております。投資結果には一切責任を取りませんので、投資判断は自己責任でお願いします... ...続きを読む
  • ブログ

    「円盤が来た」 より (その4)

    ウルトラセブン第45話「円盤が来た」は、1968年8月11日に放送されました。 サイケ宇宙人ペロリンガ星人が登場します。 名前の由来は、舌で物を舐めるときの擬態語である「ペロリ」と思われます。 ちなみに、「ベロリンガ」という名前のポケモンがいます。 その得意技に「舌でなめる」というものがあるようです。 ウルトラ7株の8/10現在の売買サインは以下のとおりとなっております。投資結果には一切責任を取り... ...続きを読む
  • ブログ

    「恐怖の超猿人」 より (その4)

    1968年8月4日は、ウルトラセブン第44話「恐怖の超猿人」の放送日でした。 宇宙猿人ゴーロン星人が登場します。 名前の由来は、ゴーロン星人が化けていたサルのゴールデンライオンタマリンというサルの名前ではないかと思われます。 また、ゴリラ、ウルトラQに登場した巨大サルのゴロー等の可能性もありますね。 ウルトラ7株の8/4現在の売買サインは以下のとおりとなっております。投資結果には一切責任を取りませ... ...続きを読む
  • ブログ

    「第四惑星の悪夢」 より (その4)

    ウルトラセブン第43話「第四惑星の悪夢」は、1968年7月28日に放送されました。 ロボット長官が登場します。 ロボット長官の名前の由来は・・・「ロボット」の「長官」です。 何のひねりもありません。 地球から120億万キロ離れた第四惑星では、自動化を進めて何もしなくなった人間が、ロボットにとって代わられてしまっていたという設定です。 地球でも最近は人工知能によっていろんな仕事がとって代わられていま... ...続きを読む
  • ブログ

    「ノンマルトの使者」 より (その4)

    ウルトラセブン第42話「ノンマルトの使者」が放送された日は、1968年7月22日でした。 蛸怪獣ガイロスが登場します。 ガイロスは一般視聴者からの応募で銀賞に輝いた「ガイロス星人」作品を元にデザインされました。 その名前の由来は不明ですが、筆者の解釈では ガイ は ガイア(ギリシャ神話に登場する、母なる女神) からとっており、ロス は ギリシャ神話にででくる怪物の名前にありがちな接尾辞ではないでし... ...続きを読む
  • ブログ

    「水中からの挑戦」 より (その4)

    1968年7月15日はウルトラセブン第41話「水中からの挑戦」が放送された日です。 カッパ怪獣テペトが登場します。 テペトは一般視聴者からの応募で金賞に輝いた作品を元にデザインされました。 その作品の名前は「回転サイボーグ デイクロス・レイザ」といいます。 テペトの名前の由来は一説には、回転 → 竜巻 → 嵐 → テンペスト(シェークスピア) → テペト となったのではないかと言われています。 ウ... ...続きを読む
  • ブログ

    「セブン暗殺計画(後編)」 より (その4)

    ウルトラセブン第40話は、1968年7月7日に放送された「セブン暗殺計画(後編)」です。 分身宇宙人ガッツ星人が登場します。 ガッツは根性・勇気などと言う意味で使用されますが、元々、英語で腸を意味する「gut」が語源のようです。  ラケットや弦楽器なのの弦もヒツジなどの腸から作られているので「ガット」と呼びます。 腸から連想される「肝が座っている」「腹ができている」と言う理由で今のように使われるよ... ...続きを読む
  • ブログ

    「セブン暗殺計画(前篇)」 より (その4)

    ウルトラセブン第39話「セブン暗殺計画(前編)」は、1968年6月30日に放送されました。 豪力怪獣 アロンが登場します。  ガッツ星人によってセブンの能力を分析するため送り込まれました。  最終的にアイスラッガーで首を切断されて倒されたが、倒されるまでにエメリウム光線や透視能力まで使わせた上に、ビームランプを点滅させるほど相当長時間闘ったようで、何気に強豪でした。 アロンの名前は、旧約聖書『十戒... ...続きを読む
  • ブログ

    「勇気ある戦い」 より (その4)

    1968年6月23日は、ウルトラセブン第38話「勇気ある戦い」の放送日です。  強奪宇宙人バンダ星人が登場し、ロボット怪獣クレージーゴンを操って、地球上の自動車を回収しようとします。 バンダ星人の名前の由来は、山賊を意味する英語「Bandit」のようです。 バンダ星人は自分の星の鉄資源を使い果たし、深刻な鉄不足に陥ったため、鉄資源豊富な地球に鉄資源を盗むためにやって来たという設定になっています。 ... ...続きを読む
  • ブログ

    「盗まれたウルトラ・アイ」 より (その4)

    ウルトラセブン第37話「盗まれたウルトラ・アイ」は1968年6月16日に放送されました。  マゼラン星人マヤが登場します。 マヤの名は、釈迦(世尊)の母上で、浄飯王の摩耶夫人に由来します。 伝承では、摩耶夫人がお産で実家に里帰りする途中、ルンビニー園で産気づき右脇から釈迦を産んだとされています。 摩耶夫人は出産の影響で体調を崩し、1週間後に命を失いました。 本ストーリーでは、マヤが故郷の星の犠牲と... ...続きを読む
  • ブログ

    「必殺の0.1秒」 より (その4)

    1968年6月9日は、ウルトラセブン第36話「必殺の0.1秒」が放送された日でした。  催眠宇宙人ペガ星人が登場します。 名前の由来は、鳥のカササギを意味するポルトガル語(ペガ)ではないかと言われています。 カササギの別名にカチガラスがあります。 ペガ星人の姿がカラスに似ているのは、そのせいなのでしょうか。  百人一首の  「かささぎの 渡せる橋に おく霜の しろきを見れば 夜ぞ更けにける 大伴家... ...続きを読む

さらに表示

  • 最近見た銘柄
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

21,535.25

-150.65

TOPIX

1,568.74

-7.56

JASDAQ

149.73

-0.82

米ドル/円

108.26

+0.34

ユーロ/円

121.45

-0.04

WTI原油

59.58

-0.63

NY金

1,413.5

+1.30

ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介