「データセンター」がランキング首位、生成AI拡大受け投資加速へ<注目テーマ>

配信元:みんかぶ
著者:MINKABU PRESS
投稿:2024/04/16 12:20
「データセンター」がランキング首位、生成AI拡大受け投資加速へ<注目テーマ> ★人気テーマ・ベスト10
1 データセンター
2 半導体
3 人工知能
4 インド関連
5 円安メリット
6 半導体製造装置
7 防衛
8 生成AI
9 不動産関連
10 TOPIXコア30

 みんかぶと株探が集計する「人気テーマランキング」で、「データセンター」がランキング1位となっている。

 生成AI市場の急拡大によって情報を処理する拠点、いわゆるデータセンターの新設・増設需要が盛り上がりをみせている。データセンターとは、サーバーやネットワーク機器を設置・保管する設備の総称で、大量のデジタルデータを保管・処理するためになくてはならないITインフラである。とりわけ、生成AIを利用する際には、データセンター内に設置されているAIサーバーを経由しなければならず、今後は急速かつ中期的にAIサーバーを増やす必要性に迫られている。データセンターの市場規模は一部調査機関試算によると、2022年の2640億ドル(約40兆6600億円)から35年には6450億ドル(同99兆3400億円)まで拡大すると予想されている。

 日本国内でもデータセンターをインフラの中核として拡充する動きが加速しそうだ。直近では米マイクロソフト<MSFT>が日本でAI向けデータセンターを拡充するため日本円にして約4400億円を投資する計画を発表し、マーケットの耳目を驚かせた。これに先立って、今年1月には米アマゾン・ドット・コム<AMZN>のクラウド事業を手掛けるAWSが(データセンターを含む)日本へのIT投資で、5年間で総額2兆2600億円を投じることを表明した経緯がある。

 東京市場でも生成AI関連から派生したデータセンター関連株への物色ニーズが強まっている。代表的な銘柄としては「政府クラウド」の担い手でもあるさくらインターネット<3778.T>だが、最近は三井住友銀行を筆頭株主に置く情報サービス会社で、高度なセキュリティーに強みを持つデータセンターを展開するさくらケーシーエス<4761.T>が人気化。また、りそな銀行を主要顧客とするデータセンター運用会社のAGS<3648.T>なども急速に株価の居どころを変え、マーケットの視線を集めている。このほか、TIS<3626.T>日本ラッド<4736.T>フィックスターズ<3687.T>インターネットイニシアティブ<3774.T>鈴与シンワート<9360.T>SCSK<9719.T>なども関連銘柄としてマークされる。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんかぶ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
3626
2,984.0
(15:00)
-1.5
(-0.05%)
3648
1,025.0
(15:00)
+22.0
(+2.19%)
2,008.0
(15:00)
+114.0
(+6.01%)
2,458.0
(15:00)
+1.0
(+0.04%)
5,660.0
(15:00)
+150.0
(+2.72%)
901.0
(15:00)
+41.0
(+4.76%)
2,310.0
(15:00)
+129.0
(+5.91%)
2,513.0
(15:00)
+70.0
(+2.86%)
2,930.5
(15:00)
+2.0
(+0.06%)