「半導体製造装置」が4位、米半導体株高受け投資資金の攻勢続く<注目テーマ>

配信元:みんかぶ
著者:MINKABU PRESS
投稿:2024/02/06 12:20
「半導体製造装置」が4位、米半導体株高受け投資資金の攻勢続く<注目テーマ> ★人気テーマ・ベスト10
1 半導体
2 生成AI
3 人工知能
4 半導体製造装置
5 円高メリット
6 TOPIXコア30
7 JPX日経400
8 インバウンド
9 地方銀行
10 宇宙開発関連

 みんかぶと株探が集計する「人気テーマランキング」で、「半導体製造装置」が4位にランクインしている。

 日米ともに株式市場では生成AIとこれをインフラ面で支える半導体関連が物色テーマの中心軸にある。生成AI市場の急拡大でデータセンターのサーバーやネットワーク機器向けに先端半導体への需要が盛り上がっており、つれて半導体製造装置など設備投資需要も押し上げられている。政治的にも米中摩擦に伴う半導体のサプライチェーン再構築の必要性から半導体製造装置関連株への注目度は高い。

 前日の米国株市場ではNYダウをはじめ主要株価3指数はいずれも安かったが、半導体銘柄で構成されるフィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)は3連騰と強さを発揮、史上最高値をにらむ位置にある。そのなか、生成AI関連のシンボルストックとして存在感を示すエヌビディア<NVDA>は5%近い上昇で上場来高値を更新しており、東京市場もこの流れに追随する形となっている。エヌビディアのGPU向けに半導体テスターを供給するアドバンテスト<6857.T>をはじめ、半導体精密加工装置を手掛けるディスコ<6146.T>や半導体製造装置の国内トップメーカーである東京エレクトロン<8035.T>、マスクブランクス検査装置で世界シェアを独占するレーザーテック<6920.T>、ウエハー洗浄装置世界首位のSCREENホールディングス<7735.T>など軒並み上昇している。

 このほか、中小型株では野村マイクロ・サイエンス<6254.T>を筆頭に、AIメカテック<6227.T>ジェイ・イー・ティ<6228.T>TOWA<6315.T>マルマエ<6264.T>サムコ<6387.T>などが注目される。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんかぶ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
47,240.0
(02/27)
+290.0
(+0.61%)
4,065.0
(02/27)
-170.0
(-4.01%)
8,890.0
(02/27)
-360.0
(-3.89%)
17,530.0
(02/27)
+1,260.0
(+7.74%)
1,972.0
(02/27)
-13.0
(-0.65%)
8,560.0
(02/27)
-260.0
(-2.94%)
6387
5,590.0
(02/27)
-140.0
(-2.44%)
6,920.0
(02/27)
-150.0
(-2.12%)
40,790.0
(02/27)
+670.0
(+1.66%)
19,505.0
(02/27)
+300.0
(+1.56%)
36,260.0
(02/27)
+260.0
(+0.72%)