再び節目の33000円を下回る

配信元:フィスコ
投稿:2023/12/07 12:29
[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;32899.94;-545.96TOPIX;2358.87;-28.33


[後場の投資戦略]

 本日の東京市場は昨日に続き、ボラティリティの高い展開となっている。本日も12月限の先物・オプション特別清算指数算出(メジャーSQ)に絡んだ動きとみられ、権利行使価格である日経平均33000円手前ではもみ合いが続いたものの、一旦下回ると次の権利行使価格32875円あたりまで下落が加速し、再びもみ合いとなって前引けを迎えた。昨日の米ADP雇用統計の結果は強い買い材料とはならず米株安となったことも、日本株を更に上方レンジへ向かわせる勢いを鈍らせた一因ともなっていそうだ。

 後場では再び33000円に戻るのか、さらに下の権利行使価格となる32750円付近へレンジがうつるのか注目されそうだ。なかなか全体的な方向性が見えないなか、前引け時点での売買代金急増ランキングでは、昨日業績上方修正を発表したアインHD<
9627>や楽天グループ<4755>が追加売却を発表した楽天銀行<5838>などがランクインしており、引き続き個別材料を手掛かりとした物色が中心となっているもよう。後場もこの傾向は続きそうだ。
(二階堂千穂)

<AK>
配信元: フィスコ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
821.1
(03/01)
+1.1
(+0.13%)
2,950.0
(03/01)
-29.0
(-0.97%)