外為サマリー:137円00銭前後で推移、米11月PPIを意識し様子見も

配信元:みんかぶ
著者:MINKABU PRESS
投稿:2022/12/08 15:37
外為サマリー:137円00銭前後で推移、米11月PPIを意識し様子見も  8日の東京外国為替市場のドル円相場は、午後3時時点で1ドル=137円08銭前後と前日午後5時時点に比べ30銭強のドル安・円高。ユーロは1ユーロ=143円98銭前後と同20銭強のユーロ高・円安で推移している。

 前日のニューヨーク市場では世界的な景気減速懸念から米長期金利が低下し、ドル安・円高が進んだ。しかし、この日の東京市場に移ってからは、ドルはやや値を戻す展開となり137円ラインを中心とする一進一退が続いている。来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に神経質な展開が続いており、9日の米11月卸売物価指数(PPI)を前に様子見姿勢も強まっている。

 ユーロは対ドルでは1ユーロ=1.0503ドル前後と同0.0040ドル強のユーロ高・ドル安で推移している。



出所:MINKABU PRESS
配信元: みんかぶ
売買予想ランキング
株価値上がり・値下がりランキング
配当利回りランキング
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介