米国株見通し:下げ渋りか、明日のPPI鈍化に思惑

配信元:フィスコ
投稿:2022/12/08 14:11
(13時50分現在)

S&P500先物      3,929.90(-4.0)
ナスダック100先物  11,476.90(-20.5)


米株式先物市場でS&P500先物、ナスダック100先物は小幅安、NYダウ先物は30ドル安。米10年債利回りは持ち直し、本日の米株式市場は売り先行となりそうだ。


7日の主要3指数はまちまち。おおむね前日終値付近でもみ合う展開となり、ナスダックは続落、ダウは1ドル高の33597ドルと3日ぶりにプラスへ浮上した。13-14日開催の連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げ幅縮小は織り込まれたものの、連邦準備制度理事会(FRB)による引き締め長期化の思惑は継続。ただ、長期金利の過度な上昇が抑制されたほか、週明け以降の大幅安で押し目買いが入り、割安感の生じた銘柄が買われた。


本日は下げ渋りか。具体的な手がかりが乏しいなか、来週のFOMCを前に積極的な売り買いは手控えられそうだ。13日に発表される消費者物価指数(CPI)の前哨戦となる明日の生産者物価指数(PPI)は前年比+7.2%と前回+8.0%から伸びが鈍化する見通し。想定に沿った内容なら、インフレ抑止を目指すFRBはタカ派姿勢を弱めるとの期待が高まりやすい。長期金利の上昇が前日同様に抑えられれば、売り後退で相場は支えられるだろう。


<TY>
配信元: フィスコ
売買予想ランキング
株価値上がり・値下がりランキング
配当利回りランキング
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介