400万円か1300万円?複利効果は何故大切?

著者:藤村哲也
投稿:2022/07/17 10:13

400万円か1300万円?複利効果は何故大切?

複利は、投資した金額で得られた利益を更に投資していくことで得られます。

100万円投資で、年率30%の利益が得られるとして、単利の場合と複利の場合を比較してみましょう。

以下は、1年後、3年後、5年後、10年後の評価額推移です。

単利の場合

100万円
130万円
190万円
250万円
400万円

複利の場合

100万円
130万円
219万円
371万円
1378万円

10年経過すると400万円と1378万円ですから凄い開きです。

最初は大差なく見えても、年々格差が拡大していきます。

同じ年率30%という成果であっても、これだけ差が出ます。

勿論、単利で低い年率であれば、もっと大きな開きになってきます。

だからこそ、複利効果を発揮させていくことがとても重要になってくるのです。

この複利効果を得るのに、最も重要なことは何でしょうか?

連続性となります。

増えた資金を、今度は売って、どうするのか、買って、売って、現金にして、更に買って、売って、という繰り返しの中で、複利効果が働いていくのです。

劇的に資産が増えていくのは、複利効果が年々働いていくからです。勿論、成功ばかりではありませんが、失敗しても、損を小さく抑えることが複利効果を発揮させるために、とても重要な役割をします。

資産を大きく減らしたり動かない資金を作ってしまうと、逆の複利効果が働き、資産を増やしていくことが難しくなるのです。

損切りも、銘柄入れ替えも、大きな値幅取りも、複利効果を発揮させるためにとても重要な役割を、になっているのです。




藤村哲也
ライジングブル投資顧問代表
配信元: 達人の予想
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介