アイエスビーが反発、子会社アートが画像認証AIベンチャーのデータスコープと提携

配信元:みんかぶ
著者:MINKABU PRESS
投稿:2022/06/08 13:38
 アイ・エス・ビー<9702.T>が反発している。7日の取引終了後、子会社アートが画像認証AIベンチャー企業であるデータスコープ(東京都中央区)と業務提携し、アートの「入退室管理システム X-LINE」とデータスコープの「顔認証・温度検知端末 Face FC」を一元管理する統合セキュリティーシステムを全国販売すると発表しており、これが好感されている。

 今回の業務提携は、両社が培ってきた技術を掛け合わせて「入退室管理ソリューション」の更なる高度化を推進するのが狙い。今回販売する入退室管理システムは、アートの全国 100社以上に及ぶ施工代行店及び保守・サービス網などを活用して販売するとしている。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんかぶ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
1,300.0
(12/02)
-1.0
(-0.07%)
売買予想ランキング
株価値上がり・値下がりランキング
配当利回りランキング
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介