【市場反応】ミシガン大消費者信頼感指数は予想下振れも期待インフレは上昇、ドル買い再燃

配信元:フィスコ
投稿:2022/01/15 00:31
米1月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値は68.8と、12月70.6から予想以上に低下し
た。米連邦準備制度理事会(FRB)がインフレ期待指数として注目している同指数の1年期待インフレ率速報値は4.9%と、予想外に12月4.8%から上昇し昨年11月来の高水準。5-10年期待インフレ率速報値は3.1%と、2011年3月以降ほぼ11年ぶり最高となった

指数は予想を下回ったものの、同指数の期待インフレ率が予想以上に上昇したため米国債相場は、下落。10年債利回りは1.705%から1.76%まで上昇した。ドル・円は113円49銭の安値から113円77銭まで上昇。ユーロ・ドルは1.1450ドルから1.1425ドルまで下落した。

【経済指標】
・米・11月企業在庫:前月比+1.3%(予想:+1.3%、10月:⁺1.3%←+1.2%)
・米・1月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値:68.8(予想:70.0、12月:70.6)
・米・1月ミシガン大学1年期待インフレ率速報値:4.9%(予想4.8%、12月:4.8%)
・米・1月ミシガン大学5-10年期待インフレ率速報値:3.1%(12月:2.9%)


<KY>
配信元: フィスコ
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介