ノムラシス、前期経常を一転26%増益に上方修正・3期ぶり最高益、配当も1円増額

配信元:株探
投稿:2022/01/14 16:00
 ノムラシステムコーポレーション <3940> が1月14日大引け後(16:00)に業績・配当修正を発表。21年12月期の経常利益(非連結)を従来予想の3.7億円→4.9億円(前の期は3.9億円)に33.2%上方修正し、一転して26.3%増益を見込み、一気に3期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。

 会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した7-12月期(下期)の経常利益も従来予想の1.6億円→2.9億円(前年同期は1.6億円)に72.8%増額し、増益率が5.0%増→81.4%増に拡大する計算になる。

 業績好調に伴い、期末一括配当を従来計画の5.5円→6.5円(前の期は5.5円)に増額修正した。

株探ニュース

会社側からの【修正の理由】
 修正の理由2021年12月期の通期の業績につきましては、売上高が、FIS(一次請け)においては、案件が堅調に推移したものの予想を下回る結果となりましたが、プライム(元請け案件)において、既存取引先の追加開発案件の新規受注により計画を上回る見込みであります。利益につきましては、粗利益率が高いプライムの売上高が計画を上回ったことから売上総利益は計画を大きく上回り、また、販売費及び一般管理費が計画を下回ったことから営業利益、経常利益、当期純利益ともに当初業績予想を上回る見込みとなりました。 (注)業績予想は、現時点で入手可能な情報に基づき判断した見通しであり、実際の業績は、今後様々な要因によって上記数値と異なる可能性があります。

 理由当社は、株主の皆様に対する利益還元を重要な経営課題の一つとして位置付けております。配当政策に関しましては、財務基盤の健全性を維持し、事業環境の変化や将来の事業展開に備えて内部留保の充実を図りつつ、配当性向40%以上の安定配当を継続的に行うことを基本方針としております。当会計年度の期末配当金につきましては、上記の通り通期の業績予想を修正することに伴い、1株当たり普通配当6円50銭にさせて頂きます。
配信元: 株探

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
247.0
(01/25)
-6.0
(-2.37%)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介