<動意株・10日>(前引け)=セイコーHD、冶金工、メンバーズ

配信元:みんかぶ
著者:MINKABU PRESS
投稿:2021/05/10 11:32
<動意株・10日>(前引け)=セイコーHD、冶金工、メンバーズ  セイコーホールディングス<8050.T>=大幅高で年初来高値更新。前週末7日の取引終了後、集計中の21年3月期連結業績について、営業利益が2億円から21億9400万円(前の期比64.2%減)へ、純利益が10億円から34億7500万円(同2.4%増)へ上振れ、最終損益が一転増益で着地したようだと発表しており、これが好感されている。売上高は2050億円の従来予想に対して2026億7100万円(同15.3%減)とやや下振れるものの、第4四半期(1~3月)に「グランドセイコー」や「セイコープロスペックス」などの高付加価値製品の販売が好調に推移したことが利益を押し上げた。また、外部環境の変化に合わせた広告宣伝販促費やその他営業費用の削減の取り組みが進んだこと、為替レートが円安傾向に推移したことなども寄与した。なお、期末配当予想は12円50銭から25円に引き上げられ、年間配当は37円50銭(前の期75円)となる。

 日本冶金工業<5480.T>=物色人気集中。同社はニッケル系を中心とするステンレス鋼専業メーカー大手で足もと世界的に販売好調な自動車向けで需要を取り込んでいる。前週末7日取引終了後に発表した21年3月期決算は営業利益段階で前の期比22%減の61億4500万円と減益だったが、これは株価には織り込み済みだった。一方、22年3月期は一転して前期比51%増の93億円を予想しており、年間配当も前期実績比25円増配の70円を計画、これがポジティブ視された。加えて、同日に発行済み株式数の1%に相当する15万7000株、2億5000万円を上限とする自社株買いを実施することを発表したことも買い人気を増幅させている。

 メンバーズ<2130.T>=戻り足加速。同社はネット広告の仲介やWebサイトのデザイン制作などのほか、デジタル人材の育成・派遣にも注力し、これが奏功して業績成長トレンドが鮮明だ。前週末7日取引終了後、21年3月期決算を発表したが、トップラインの伸びが顕著で前の期比14%増の120億8700万円と大幅な伸びを示した。営業利益は人材コスト増加などの影響で同1%増の12億6100万円と微増にとどまったが、続く22年3月期はトップラインが前期比26%増の152億円予想と拡大基調が一段と加速、営業利益も同43%増の18億円と急増を見込み過去最高利益更新が続く見通しとなった。21年3月期の年間配当を従来計画比1円増額の17円50銭とし、22年3月期については前期比6円増配となる23円50銭を計画している。これを好感する買いを呼び込む格好となっている。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんかぶ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
3,325.0
(14:48)
+25.0
(+0.76%)
2,287.0
(14:47)
-41.0
(-1.76%)
2,248.0
(14:48)
-44.0
(-1.92%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

71.7 28.3
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介