(中国)上海総合指数は買い先行もマイナス圏に転落、金利上昇が圧迫材料

配信元:フィスコ
投稿:2021/02/24 10:53
24日の上海総合指数は買い先行。前日比0.07%高の3638.936ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時39分現在、0.15%安の3631.070ptで推移している。金利上昇が売り圧力を強めた。一方、景気対策への期待が引き続き指数をサポート。また、一般市民への接種開始や新型コロナウイルス新規感染の抑制成功などが経済活動の正常化期待を高めている。

<AN>
配信元: フィスコ
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

58.8 41.2
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介