“損失確定売り”は目立たず…!? - ドル円

著者:武市佳史
投稿:2020/11/19 12:51

◆ “リスク回避姿勢”に揺り戻し… - 104円割れ


見誤った…。

「新型コロナワクチン開発」を巡る“ポジティブ”は継続したものの、昨日は「新型コロナ感染再拡大」という“ネガティブ”へと移行しました。
米株式は“続落”、センチメントは“リスク回避姿勢→円買い”が優勢となる中、ポイントと見ていた「104円ラインを巡る攻防戦」を下方向に放れました。

ただ懸念した“損失確定売り”は、目立つことはありませんでした。
このため“103.651円”へと下値を拡大したもの、警戒する“11/6安値(103.176円)”を目指す動きに発展することもありませんでした。

◆ それでも「何が何でも…」は後退する可能性…?


「2つの誤算(104円割れ/損失確定売りは目立たず)」が発生した昨日ですが、冒頭で記した「新型コロナワクチン開発」「新型コロナ感染再拡大」に揺れ動く展開は変わっておりません。
そして「相反する2つのテーマ」が“混在+拮抗”している状況を考えれば、引き続き「方向感定まらず」と見るのが自然です。

それでいて昨日と異なるのは、「損失確定売りは目立たなかった」という事実です。
「何が何でも…」という意識が後退する可能性は高く、「ポジション調整(利益確定の買い戻し)」が入る可能性も否めないところがあります。

◆ 懸念は残り続けるが…!?


“103円後半”という当該水準は、「5日の急落時(104.525円→103.437円)」「9日の急騰時(103.178円→105.645円)」共に素通りをした、いわゆる「真空地帯」に当たります。
このため「チャート上の節目がほとんどない」「どちら方向にも大きく揺れ動く可能性」は否めず、「“11/6安値(103.176円)”を目指す」という可能性も払拭されたわけではありません。
それでも昨日に続いて「幾分巻き戻し」を基本とし、神経質なマーケットと対峙したいところです。

◆ ドル円 抵抗・支持ライン


上値5:104.423(11/11~11/18の38.2%戻し、日足・一目均衡表基準線/転換線、ピボット2ndレジスタンス)
上値4:104.197(11/18高値)
上値3:104.107(ピボット1stレジスタンス)
上値2:104.000(大台)
上値1:103.923(200月移動平均線、-1σ)
前営業日終値:103.789
下値1:103.651(11/18安値)
下値2:103.561(ピボット1stサポート)
下値3:103.404(-2σ)
下値4:103.333(ピボット2ndサポート)
下値5:103.176(11/6-9安値)

武市佳史
株式会社マネーパートナーズ チーフアナリスト
配信元: 達人の予想
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

65.9 34.1
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介