マザーズ指数下げ止まらず、時価総額上位の銘柄に売り圧力強い◇

配信元:みんなの株式
著者:MINKABU PRESS
投稿:2020/10/26 12:55
 東証マザーズ指数が下げ止まらない状況にある。きょうで4日続落となり、前週末同様に1200大台攻防を意識させる展開にある。ここまでマザーズ市場を牽引してきた時価総額上位の銘柄が軒並み軟調で投資家心理を冷やしている。先駆して大きく株価を切り下げたアンジェス<4563.T>は目先リバウンドに転じているが、マザーズ時価総額首位のメルカリ<4385.T>が5%を超える下げとなったほか、弁護士ドットコム<6027.T>、BASE<4477.T>なども大幅安となっており、マザーズ指数の変調を映し出している。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんなの株式

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
5,250.0
(01/22)
-40.0
(-0.76%)
13,380.0
(01/22)
+440.0
(+3.40%)
1,212.0
(01/22)
+2.0
(+0.17%)
11,710.0
(01/22)
+550.0
(+4.93%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

29.1 70.9
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介