アスクルが反発、NEDOの「自動走行ロボットを活用した新たな配送サービス実現に向けた技術開発事業」に選定◇

配信元:みんなの株式
著者:MINKABU PRESS
投稿:2020/09/02 10:40
アスクルが反発、NEDOの「自動走行ロボットを活用した新たな配送サービス実現に向けた技術開発事業」に選定◇  アスクル<2678.T>が反発している。この日、ソフトバンク<9434.T>やSGホールディングス<9143.T>傘下の佐川急便が新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「自動走行ロボットを活用した新たな配送サービス実現に向けた技術開発事業」の事業実施者に選定されたと発表。アスクルはプロジェクトの協力企業であることから、これを好材料視した買いが入っているようだ。

 今後は、東京都が実施する「スマート東京」の実現に向けたプロジェクトとして、ソフトバンクと東急不動産ホールディングス<3289.T>傘下の東急不動産が最先端のテクノロジーを街全体で活用するスマートシティのモデルケースの構築に取り組んでいる竹芝エリアで、自動走行ロボットによる配送サービスを実現するための実証実験を9月以降に実施する予定。ソフトバンクと佐川急便が屋外と屋内の2つの配送シナリオに沿って、技術面やサービス実用性についての検証・評価を行うとしている。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんなの株式

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
3,990.0
(15:00)
-120.0
(-2.92%)
454.0
(15:00)
-14.0
(-2.99%)
2,515.0
(15:00)
-64.0
(-2.48%)
1,212.5
(15:00)
-4.0
(-0.33%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

68.6 31.4
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介