オツカイ代行サービス「シズオカコネクト」の実証実験を開始します。

配信元:PR TIMES
投稿:2020/05/20 18:15
~オープンイノベーションプログラム「StartingⅪ」受賞企業と初の連携!~

静岡鉄道株式会社(本社:静岡市葵区鷹匠、取締役社長:今田智久)は、2019年度に実施したオープンイノベーションプログラム「StartingⅪ(スターティンク゛イレフ゛ン)※1」の優秀賞受賞企業で、LINEアプリの開発に高い技術力を持つ株式会社INJUS(インシ゛ャス)(本社:東京都港区六本木、代表取締役:鹿山瞬)と連携し、マッチングサービス「シズオカコネクト(Shizuoka Co-Next)」の実証実験を開始します。




 「シズオカコネクト」は、1.売りたい人 2.買いたい人 3.運べる人 の三者をつなぐマッチングサービスで、今後、実証実験やサービス内容のブラッシュアップを重ね、オツカイ代行サービスとして買い物インフラのひとつとなることを目指しています。

 まず第1弾として、飲食店のテイクアウトメニューを配達するサービスを、必要最低限の設備で、実際の運用に近い形で実験的に行います。配達には当社グループのリソースを生かし、自転車、タクシーなどのほか鉄道を効率的に組み合わせるとともに、沿線の飲食店の配達支援につなげていきたいと考えております。なお、本実験を通して得られた課題や知見・ノウハウを活用し、本年6月には一般向けのサービスとしてリリースする予定です。

 折しも、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、私たちは接触を最小限にする「新しい生活様式」を求められています。買い物という行動についてもより多くの選択肢があることが、様々なライフスタイルを支えることと考えます。

 当社では、今後もCSV※2の推進を図り、本サービスについても、収益化が可能になり次第、最終的にはシステムを含めたサービスモデルのパッケージ販売を目指してまいります。


※1.オープンイノベーションプログラム「StartingⅪ(スターティンク゛イレフ゛ン)」
静鉄グループ創立100周年記念事業の一環として、静岡ガス株式会社、株式会社テレビ静岡と共催したプログラム。主催3社の経営資源にベンチャー企業等からの革新的な提案を掛け合わせ、地域社会が抱える課題の解決や地域活性化に資する事業創出を目指しています。

※2.CSV (Creating Shared Value)
共通価値の創造。社会課題を解決することで新たな社会的価値が創造され、同時に経済的価値を創造する経営モデル。

「シズオカコネクト」実証実験の概要
内  容 : テイクアウトメニューを扱う飲食店のランチ弁当の配達
予約時間 : 配達前日の17時までに注文
配達時間 : 11時30分~14時00分(15分毎の希望時間帯受付可)
配達地域 : 静岡鉄道 新静岡駅を中心として半径約1km
価  格 : お弁当代+配達料400円(2個まで、3個目以上は+100円/個)
注文方法 : LINEにて弁当を注文
(氏名、弁当の種類、個数、配達先住所、連絡先、配達希望時間)
支払方法 : 現金のみ ※一般向けサービスリリース時はキャッシュレス決済対応予定
登録店舗 : 4店舗 ※登録店舗は随時募集中
配信元: PR TIMES
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

69.7 30.3
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介