日本一ソフトが反発、上期営業利益は一転黒字で着地

配信元:みんなの株式
著者:MINKABU PRESS
投稿:2019/11/11 09:32
 日本一ソフトウェア<3851.T>が反発している。前週末8日の取引終了後に発表した第2四半期累計(4~9月)決算が、売上高14億700万円(前年同期比46.3%減)、営業利益5600万円(同86.4%減)、最終損益2200万円の赤字(前年同期3億100万円の黒字)となり、減益だったものの、従来予想の営業損益1億6200万円の赤字を上振れて着地したことが好感されている。

 上期において、国内市場で「殺人探偵ジャック・ザ・リッパー」や「じんるいのみなさまへ」などの販売本数が好調に推移したことに加えて、海外市場の売り上げが堅調に推移したことが寄与するという。なお、20年3月期通期業績予想は、売上高33億7300万円(前期比25.4%減)、営業利益2億8600万円(同32.7%減)、純利益1億8200万円(同37.7%減)の従来見通しを据え置いている。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんなの株式

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
1,428.0
(11/13)
+80.0
(+5.93%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

72.5 27.5
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介