再来週の為替相場見通し=10連休中の投機的値動きには警戒も

投稿:2019/04/26 18:14
再来週の為替相場見通し=10連休中の投機的値動きには警戒も  再来週の外国為替市場のドル円相場は、10連休となるゴールデン・ウィーク中の重要イベントを織り込みながらの展開となりそうだ。想定レンジは1ドル=110円00~112円80銭。

 為替市場は、連休中も海外市場で取引が行われているため、通常通り個々のイベントを随時織り込む展開となる。この連休は重要経済指標が目白押しであり、その結果次第では休み明け後の7日には相場の水準が大きく変わっている可能性もある。4月30日~5月1日には米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催される。また、30日には中国製造業PMI、1日には米4月ADP雇用統計と米4月ISM製造業景況指数、3日には米4月雇用統計と同ISM非製造業景況感指数が公表される。エネルギー産業に絡んでは2日に米国のイラン産原油に対する金融適用除外の期限を迎える。また、米企業決算では29日にアルファベット(グーグル)、30日にアップル、1日にクアルコムの発表が予定されている。長期休暇中では商いが細るなかヘッジファンドなどが投機的な売買を仕掛け、過去には急激な円高に見舞われることもあるだけに、短期的な値動きに惑わされない姿勢が必要となりそうだ。


出所:minkabuPRESS
配信元: minkabuPRESS
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

33.9 66.1
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介