来週の株式相場見通し=高値圏で一進一退、10連休前に売り買いともに手控え

投稿:2019/04/19 17:16
来週の株式相場見通し=高値圏で一進一退、10連休前に売り買いともに手控え  来週(22~26日)の東京株式市場は、主力ハイテク企業を中心に前3月期決算と今3月期業績見通しの発表が本格化するなか、再来週からの10連休が目前に迫るという環境にある。したがって、企業業績の内容を評価した買いが想定される一方で、長期休場期間中の海外市場の変動に対応が不可能なことへの警戒感から、持ち高調整の利益確定売りも見込まれる。来週の日経平均の想定レンジは2万1700~2万2400円とする。

 市場関係者からは「今週までは、多くの市場参加者が見込んでいた“10連休前のポジション調整の売りに伴う下落”とはならずに、“下落を見込んでカラ売りしていた売り方の買い戻しによる上昇”が勝る結果となった。ただ、売買代金の減少ぶりは顕著で不安は残る。きょうの東証1部の売買代金は辛うじて2兆208億円と2兆円を上回ったものの、そのなかで任天堂<7974.T>の売買代金が約3500億円と全体の17%を占める大商いとなったことが影響した。売買高は9億2898万株と2月22日の9億8867万株を大きく下回り、今年最低となった。また、ファーストリテイリング<9983.T>のきょうまでの11連騰にも、当然警戒感はある」との見方が出ていた。

 日程面では、安倍首相が欧州4カ国(フランス、イタリア、スロバキア、ベルギー)と米国・カナダを訪問(22~29日)、日銀金融政策決定会合(24~25日)、3月の鉱工業生産・失業率・有効求人倍率・商業販売統計(26日)に注目。

 海外では、米3月の中古住宅販売件数(22日)、米2月のFHFA住宅価格指数、米3月の新築住宅販売件数(23日)、独4月のIfo景況感指数(24日)、米3月の耐久財受注(25日)、米1~3月期のGDP(26日)が焦点になる。(冨田康夫)

出所:minkabuPRESS
配信元: minkabuPRESS

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
100000018
21,187.46
(09:04)
-114.27
(-0.54%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

75.7 24.3
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介